【TIS一覧編】TISのkintoneの無料プラグイン9個試してみた【動画】

サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 ペパコミ株式会社です!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

どうも!

kintone活用ちゃんねるのハルクです!

大変お待たせしました!

TISプラグイン全部試しますって動画をアップしてからめちゃくちゃ多くの人に

TISプラグイン動画楽しみにしています!

と言われながらなかなか出せずにいましたが、ようやく出すことが出来ました! 全部で約90個のプラグインがありました

全部のプラグインを理解して、アプリ作って試すのが大変でしたが、ようやく全て動画化出来ましたので、今日から順次公開していきます!

ジャンル毎に動画を分けて公開します

目次

公開ジャンル一覧

ジャンルは全部で14種類です!

①テーブル系プラグイン

②一覧系プラグイン(今回紹介するジャンル)

③集計系プラグイン

④ガントチャート系プラグイン

⑤フィールド系プラグイン

⑥ルックアップ系プラグイン

⑦ユーザー系プラグイン ⑧添付ファイル系プラグイン

⑨住所系プラグイン

⑩印刷・通知系プラグイン

⑪日付系プラグイン

⑫入力補助系プラグイン

⑬レコード・関連レコード系プラグイン

⑭エラー系プラグイン

つまりTIS関連の動画が全部で14本アップされます これから今日紹介するプラグイン名紹介しますが、TISプラグイン名って分かりづらいですよね?

なので僕なりに解釈したハルクネームを付け加えて紹介します。

ちなみに概要欄に今回紹介するすべてのプラグイン一覧とハルクネームと動画リンクを記載したスプレッドシートを貼り付けておきますこちら

是非参考にして下さい! 

①ルックアップ階層別一覧表示プラグイン

一覧画面でルックアップ項目を階層ごとに表示できるプラグイン

②語彙検索/翻訳プラグイン

一覧画面に表示されているフィールド内の文字をググれたり翻訳したり出来るプラグイン

③一覧画面編集プラグイン

一覧画面で編集できるプラグイン(krewsheetの簡易版)

④一覧集計プラグイン

一覧画面で集計した合計値を表示するプラグイン

⑤一覧レコード一括更新/クリアプラグイン

一覧に表示されているレコードのフィールドを一括で変更できるプラグイン

⑥ツリー構造一覧表示プラグイン

一覧をツリー構造表示できるプラグイン

⑦一覧テキスト絞り込み検索プラグイン

検索ボックスを表示できるプラグイン

⑧テーブルデータ一括表示プラグイン

一覧画面でテーブル内項目表示プラグイン

⑨カテゴリー別アプリ一覧表示プラグイン

アプリショートカット一覧が作れるプラグイン

注意点

①デモを実施する必要のないプラグインは口頭説明のみのプラグインもあります

②API連携等が必要なプラグインは僕の時間が確保できないため、未実施です

③あくまで僕なりの解釈で撮影しているので本来の使い方と異なる可能性があります

以上3点をご理解頂き、あくまであ~こんなこと出来るんだな~というレベルで見て頂ければ幸いです!

それでは宣伝を挟んでからデモ画面にいきますね!

このチャンネルは、

kintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミが運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで

kintoneに関する情報を幅広く発信しておりますので

是非チャンネル登録をお待ちしています

それではデモ画面にいってみましょう! 

①ルックアップ階層別一覧プラグイン

はい!ルックアップ階層別一覧プラグインです

これは一覧画面を階層別で見れるようにするプラグインです 早速見ていきましょう

今4つレコードがあります エアコン工事と電気工事 で、それぞれ案件名があって請負金額と下請け金額ってあるんですけど

これをこの一覧画面上でエアコン工事はいくらだったのか?電気工事はいくらだったのか?って見るために一覧の条件設定をしなきゃいけないんですよ

ただこのプラグインを使うと先に結論からお見せすると

こんな感じになります 業者でエアコン工事ってやると

エアコン工事だけが出てきたりとか電気工事だけが出てきたりとかそんな感じで見れるようにするのがこのプラグインの特徴です!

はい!設定画面は非常に簡単で階層を設定するフィールド ルックアップフィールドを用意してあげてあとはどこまでの階層を細かく見せるのかっていうのをここで設定してあげればOKです!

このプラグインを適用させたくない一覧をここで設定できますし逆に非表示にしたいテーブル内のフィールドも出来ます

こんな感じで使えますので一覧画面の方をもうちょっとシンプルに見せたいとか必要な時に必要な項目だけ見せたとかっていうのを柔軟に自分たちでやりたい場合はこのプラグインは活躍できるんじゃないかなと思います

②語彙検索/翻訳プラグイン

はい!語彙検索/翻訳プラグインです

kintoneのフィールドにこんな感じでカーソルを合わせて選択するとマップ開けたりとかググったりするっていうプラグインです おもしろいですね!こんなんあるんだあ!ちょっとやってみましょう

はい!顧客マスタにプラグインを入れてみました これの設定は特に不要とのことなので入れればOKです!

で出来ましたね!これをやると、この文字で検索が走ります なるほど!

入れててもいいかもしれませんね!

③一覧画面編集プラグイン

はい!一覧画面編集プラグインについてご紹介します

これはレコードの一覧画面を詳細を開かずにこの一覧画面上で編集ができるようなプラグインですね

はい!ではこれ従業員マスタですね ここにプラグインを入れてみます

なんか住所とか入れたりすると緯度・経度を自動で出すっていうのもGoogleマップと連携したらできるんですけど今回は特にしてないです

一覧画面を編集したのであれば正直別に何も設定する必要はないんですが注意点としては

一旦この設定画面を開いて

保存っていうのを押さないといけません!で、保存を押すと

この一覧画面に「一括編集」って一覧が勝手に出来上がるんですよ 一括編集っていう一覧がプラグインが効いた画面になりますのでこれが出来上がってないとこのプラグインは使えません

何も設定しなくてもプラグインの設定画面を開いて編集するっていうのが大事です!

すると、通常がこんな感じなんですよ!いじれないですよね?

ここから編集ボタン押してやるとかやんなきゃいけないんですけど

一括編集だとここにダイレクトにこういうふうに入力して編集が出来ちゃう!

ルックアップフィールドに対しても直接入力が出来ます

で、krewSheetとの違いです krewSheetの場合はこれ

編集した箇所が、テストみたいな追加で入れるとこのTISの場合はもうそのままいきなり反映するんですよ

krewSheetの場合は変更した箇所が背景黄色とかになったりするんです なのでどこが編集したとかが分かりやすいですね

だからこの無料のTISさんに関してはめちゃくちゃサイレントに変わるんでどこを変えたかっていうのが一覧で分からなかったりするんですよ!そこがkrewSheetとの違いです

あくまで簡易的にこの一覧画面の編集だけしたいっていうのであればTISのこのプラグインはいいんじゃないかなと思います!

④一覧集計プラグイン

はい!一覧集計プラグインです これは全然簡単なのでこのTISさんの設定画面で十分かなと思います

プラグイン入れるとこんな感じで 合計・平均・最大・最小っていうのにチェックつけてあげると

この一覧画面で

ここにこういう表示が出来る これATTAZoo+さんでもありますね!っていうプラグインですのでこれで完了です!

⑤一覧レコード一括更新/クリアプラグイン

はい!一覧レコード一括更新/クリアプラグインですね

特に設定する項目はないですね

プラグイン入れて今3つ入れてみたんですがレコードを

この一覧画面でフィールドの一括更新っていうボタンとフィールドの一括クリアっていうのがあります これを更新をして文字列(1行)とラジオボタンチェックボックスを作ったんですが文字列フィールドをテストっていう風に全部変えます

1,2,3ってなっていたものが、3,2,1こんな感じですね これもsample1に全部変えますっていうのも出来るはずです

はい!変わりましたね!これ、計算フィールドも動くんですかね?

これよくあると思うんですが、例えば数値フィールドは今2つあるとするじゃないですか?で、途中で計算式入れたいな!と思って入れるとするじゃないですか?

すると過去入っているデータはこれ計算式が動かないんですよね新しくレコード追加したらもちろん動くんですけど

これ過去のを反映させたいってなった時にExcelで出してまたExcelで入れてるみたいな式を動かすための作業っていうのをしなきゃいけないんですよね このプラグインで出来るか試してみましょう!

動かすために適当に項目を作ります

計算式っていうのは基本的にはレコードを開いたら動くんですよ なのでその習性を使えば上手く出来るんじゃないかなと思って

上手くいけばこの計算っていうところが全部に数値が入るはずなんですね

いったわ!これいいっすね!!これわかる人にはわかると思います

計算式を動かすためにこの一覧レコード一括更新プラグイン使うっていうのもアリですね!

で、一括クリアっていうのも出来ます 是非試してみてください!

⑥ツリー構造一覧表示プラグイン

はい!ツリー構造一覧表示プラグインです

例えばこの一覧が今2つのレコードがありますけどラジオボタンで今sample1と2があります sample1の中に1が選択されてる項目のレコードでどんな住所があるかとかどういうお客様があるかっていうのを見たいとかっていうのがあると思うんですよ

一覧の切り替えがめんどいって時あるじゃないですか?そういう時にこのプラグインを使うと簡単に出来ますのでそれをやっていきます!

はい!設定画面としては何をキーに切り替えるかっていうのを選んであげるだけですね

ルックアップかラジオボタンかドロップダウンです

これがプラグインを効かせたバージョンですね ラジオボタンをキーにしたのでラジオボタンがsample1と2があります これはラジオボタンsample1と2っていうのが

このラジオボタンの選択肢として用意してるから1と2っていうのが出てきてるわけですね

で1っていうのをクリックしてあげるとsample1を選んだレコードはこれですとsample2を選んだレコードはこれですと

じゃあ試しにラジオボタンが2でサイ坊主株式会社で登録してみましょう

一覧でやると1だとこんくらい、2のレコードはこんな感じでちょっと1個閉じましょう一応

そうするとsample2はこんな感じになりますっていうこれがキーですね

なのでこの設定をラジオボタンでも出来るしルックアップでも出来るしみたいな感じで設定をしてあげると一覧画面で構造的にレコードを入れたり出来ますのでそういった時に使うと便利なプラグインなのではないかなと思います!

⑦一覧テキスト絞り込み検索プラグイン

はい!一覧テキスト絞り込み検索プラグインです これは超使っているプラグインです!

このプラグインは前に動画で紹介したプラグインの有料版・無料版ランキングで確か1位にしたプラグインですね!

設定はむちゃくちゃ簡単です 早速やってみましょう!

設定するのは特にありません

これは

プラグインを入れると検索ボックスをここに出すことができます kintoneの標準機能だと検索が控えめに言ってクソなんですよ!絞り込みを押して顧客名選んでなんか含む〜・・・ってやらないと出てこないんですよ

これを検索ボックスをここに出すことができるプラグインです

はい!プラグインをオープンにするとこんな感じでここに出てきます 金額とか入れてみましょう

この金額だけで絞り込まれたりします あとはこれテーブルの中に対しても検索ができるんですよ

テーブルの中に対しても有効です

注意点としては英語だったらちゃんとその単語単位で一括り単位で検索しないと出てこないっていうのと、一文字は出てこないです 必ず2文字以上入れないと出てきません

ということでこれめちゃくちゃ使っているプラグインです!てか、kintoneの標準機能ではやくこのくらいは実装して欲しいっていうのは正直思ってますね

現状kintoneの標準機能でこういうのはないので、こういうTISさんのプラグインを使って活用してもらうって感じになります!

⑧テーブルデータ一括表示プラグイン

はい!テーブルデータ一括表示プラグイン 一覧画面でテーブルの中身が見える的な感じですかね?やってみましょう

ついでに見積書アプリも作りました

TISさんの注意点として

設定開くとこういう風にエラーがでるんですよ これTISさんわりとあるあるなんですけどTISさんの場合は「公開」をしたり「更新」をしないと動かない時があるので

必ずこの公開とか更新を押してからプラグインの設定開かないと今みたいにエラーが出ることがよくあるので

はい!こんな感じですね で、設定としてはプラグインを使用した一覧があれば選べると あとは非表示にしたいテーブル内のフィールドもここから選べると あとは条件とかもできるみたいですね

フィールドはこんな感じで簡単に作りました サービス名・単価・数量・金額・合計ですね

で、レコードを1個作ってみました テーブルですね

一覧で見ると

おおー!すごい!こういう風になるわけですね!

一覧のプラグイン未使用版だとこれですね 基本はこの形なんですよkintoneの標準機能のテーブルって!

表示するって押さないと一覧が見れないんですけどプラグインを使った版だと

こういう風になるわけですね これはいいっすね! で、これもTISさんあるあるなんですけど一覧系の変更した時って一覧系のプラグインってCtrlキー押しながら僕別Tabで開くんですけどそれが出来ないっていうのがちょっと僕は不便だなと思うところなんですけど

これはでもいいですね!一覧でテーブルの展開ができるっていうプラグインになります!

⑨カテゴリー別アプリ一覧表示プラグイン

カテゴリー別アプリ一覧表示プラグインです

こんな感じでアプリの一覧をカテゴリー別で表示を分けることができます

裏側の設定見ていきましょう

特にフィールドの設定をする必要なくて読み取りアプリだっていう見出しをつけて読み取りアプリの中に枠に入れるアプリどれなの?っていうのをこの中から選ぶって感じです

そういう設定をしてあげると一覧でこういう風に見れるというところですね

なので窓口のページとして使う感じですね ただこれポータルのところにはお知らせ欄に貼り付けできませんので、あくまでこういう時に移動の入り口として使うプラグインかなと思います!

以上です!

まとめ

いかがでしたか?

正直めちゃくちゃ大変で合間合間で撮影したので結構雑なデモも多いかと思いますがそこはご了承頂ければと・・。

まずTISさんにほぼ無料でこのような素晴らしいプラグインを提供頂いて感謝の気持ちを出しながらも、

もう少しプラグインの設定方法を分かりやすくしてくれたり、

サンプルアプリをDL出来ると最高だなと思いましたw

ちなみに僕は今回動画公開にあたってサンプルアプリの公開はできません!理由として効率よく実現するために1アプリに複数プラグイン突っ込んだりしたからですね

ということで今日は以上となります!

次回以降もTISプラグイン動画をガンガンアップしていきますのでチャンネル登録をお待ちしております!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い! 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる