ATTAZoo+取材!kintone一家に一台プラグイン【動画】

ペパコミを運営しているkintoneコンサル会社のペパコミです!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容part5を書いていこうと思います。

part5の取材内容は、、、

「ATTAZoo+へ取材!kintoneユーザーしか分からない痒い所に手が届くプラグイン!」!

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

 

目次

kintoneプラグインATTAZoo+とは?

 

ATTAZoo+は痒い所に手が届く機能が11個分入って3.000円/月というリーズナブルなプラグインです。

ATTAZoo+さんのサイトはこちら

 

ATTAZoo+料金

その中でも今日は3つのプラグインをご紹介したいと思います。

 

ATTAZoo+のプラグイン1:簡易検索+

 

まずは簡易検索プラグインをご紹介します。

kintoneはレコードの中の検索に手間がかかるのですが、その手間を省くために作られてプラグインです。

kintoneだと会社名を調べたい時に絞り込みボタンから会社名を探して打ち込んで検索する必要があります。

しかし、簡易検索プラグインを使うと検索ボックスが出てくるので、検索ボックスに会社名を入力するだけで検索ができるようになります。

簡易検索+画面

また、中のものを抽出してExcelライクのような感じで検索することもできるようになります。

簡易検索抽出画面

さらに、会社名などの欄がありますが、このボックスは好きなように設定することができます。

簡易検索+画面2

 

 

ATTAZoo+のプラグイン2:集計サポート+

kintoneでは、他のアプリからの情報を関連レコードで持ってくることはできても集計することができません。

しかし、ATTAZoo+の集計サポートプラグインを使えば、関連レコードを集計することが可能になります。

例えば、実績1というところが関連レコードで20.000、25.000と持って来ていますが、合計の45.000を持ってくる(計算する)ことはできません。

それを集計できるようになるのが集計サポートです。

下の画面の赤で囲まれた部分を見ると集計されていることがわかります。

集計サポート+画面

 

さらに、集計サポートはデータを持ってきて活用することができるので非常に便利なプラグインです。

集計サポートデータ活用

 

ATTAZoo+のプラグイン3:テーブルデータ転送+

 

どうしてもテーブルのデータを別のアプリに転送したい時に役に立つプラグインがテーブルデータ転送+です。

アプリの1レコードの中に3行のテーブルが入っていたりすると、それを集計したいときにテーブルデータ転送+を使用すると分解してくれます。

テーブルデータ転送分解

 

また、テーブルごと転送先アプリも選択して転送することが可能です。

 

まとめ

 

というわけで、ここまでATTAZoo+のプラグインをご紹介してきましたが、料金は月3.000円です。

試用期間も2ヶ月間あります。

ATTAZoo+試用期間

月3.000円で11個のプラグインが全部使えるので非常にオススメです。

試用期間で試して、是非ご検討ください!

 

ATTAZoo+さんのサイトはこちら

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる