ペーパーレスにコミットする情報サイト”ペパコミ”です。

本日もkintone(キントーン)活用事例です

kintone(キントーン)でなにが出来るのか?発信です!

 

今日は保険営業マン向けの記事です。

弊社役員は元々保険営業マンでしたから、ならではの悩みを熟知してるんですね。

それは見込み管理の難しさ!

この記事ではkintone(キントーン)で保険営業マンの見込み管理を安全に活用出来るぜ!という紹介記事になります。

 

1.顧客リストは個人情報なので、容易に持ち出せない

2.保険会社or代理店が提供しているシステムがショボイ・使えない

3.kinton(キントーン)ならセキュリティを担保して、見込み客管理が出来てアプローチ出来る

 

保険営業マン必見の内容です!

知り合いの保険営業マンにシェアしてくれると泣いて喜びます(´;ω;`)さあ今すぐっ!

 

過去のkintone(キントーン)活用事例は下記リンクから

保険営業マンの見込み管理実情

営業する上で”見込み管理”はとても大事ですよね。

多くの企業が見込み客管理ってなかなか出来ていない印象ですが、中でも保険営業マンは苦労している印象です(特に保険代理店や外資系)

 

理由は上にも書いていますが、

・保険会社or代理店がシステムを提供していないorしょぼい

・セキュリティ要件が強すぎて使いにくい

 

例1:アポがドタキャン!せっかくだから近隣の見込み客へ訪問したいな~・・

既存システムだと・・外出先で見込み客リストを見れないから、記憶を頼りor帰社

kintone(キントーン)なら・・外出先でもスマホで簡単に検索して見込み客情報が手に入る。セキュリティが担保されたシステムだからこそ活用出来る

 

例2:保険で新しい商品が出来た!ターゲットは40代!該当のリストは・・?

既存システムだと・・見込み客と見込み客じゃないリストが一緒だから、40代で検索すると膨大に出てくる。リストの精査が出来ていないのでそこから選別する手間が発生する

kintone(キントーン)なら・・見込み客と見込み客じゃないリストを分けられる。見込み客の中から40代で検索出来るので、的確にアプローチが出来る

 

kintone(キントーン)なら、セキュリティも万全のオリジナル見込み客リストを作成で、とても効率的に営業活動が出来ます。

見たい情報が一瞬で収集出来る「見込みアプリ」を作成してみました!

パソコンやスマホから簡単に見込み登録

顧客が特定できない状態で登録が可能。

ヒアリング内容だけ取り急ぎ入れて、後から追加で情報登録ももちろんOK

ヒアリング時にkintone(キントーン)を開きながらやると効率的です。

保険営業マンの見込み管理をkintoneで実現してみた

カレンダーの顧客名をクリックすると顧客情報が簡単に見れる

上記で登録する際に「次アポ日時」と「名前」を入力するとカレンダーに表示

 

保険営業マンのカレンダーと連動して見込み客情報を表示

カレンダー上の顧客名をクリックすると詳細が表示

しかも過去の訪問履歴や進捗経緯が一発で確認可能!

訪問前にサッと見るだけで事前リサーチは完了です。

保険営業マンのカレンダーと連動して見込み客情報を表示

分類別で見込み客を表示することも可能

勤務先や見込みの種類等で分類分け等も可能

保険営業マンの分類別で見込み客を絞れる

選択すると登録してある見込み客一覧が表示可能

新しい保険商品が出たり、

ドタキャンになって近隣の見込み客へアプローチしたり、

セミナーで集客する際にアプローチ先を探したり、

使い方はイロイロ

保険営業マンの分類別で見込み客を絞れる

次アポ日時入れておけばリマインドもしてくれる!

一定期間を置いて再アプローチする時ってありますよね?

その日時を入れておけば、自動でリマインド通知も可能

次アポ入れておけば自動リマインド

外出先でスマホで簡単に見れる!サッとスマートに顧客情報確認!

保険営業マンは常に外にいますから、サッとスマホで確認出来るといいですよね。

kintone(キントーン)はアプリを出しているので、スマホでも見やすいUI(ユーザーインターフェース)になっています。

スマホでも簡単に見込み客情報が見れる

kintoneはセキュリティ対策も万全だから、保険でも使える

kintone(キントーン)のセキュリティ対策は万全です。

書ききれないので下記記事を確認下さい。

保険営業マンはkintone(キントーン)を活用すべき!超便利!

いかがでしたか?

自分で書いてて言うのもアレですが、保険営業マンは是非活用すべきです。

中途半端なシステムはセキュリティ上でNGでもkintone(キントーン)なら安心です。

そしてデータは連携出来るので、活用の幅はガンガン広がります。

 

特に保険代理店で見込み客管理していないところは是非活用すべきですよ!

最後に

ペパコミではkintone(キントーン)の構築・カスタマイズを行っております。

kintone(キントーン)で効果を最大化するためには、正しい業務フロー構築や社内運用体制を作らないといけません。

ペパコミではクライアントのためにこれら全てを巻き取り、kintone(キントーン)で圧倒的な成果を実現します。

無料で相談を受け付けておりますので是非ご相談下さい。

業務をhackしてkintone(キントーン)活用と業務改善を高速で実現します!