ペーパーレスにコミットする情報サイト”ペパコミ”です。

本日もkintone(キントーン)活用事例です

いつものようにkintone(キントーン)の具体的な設定方法ではなく、kintone(キントーン)でなにが出来るのか?を発信していきます。

具体的な設定方法にはお気軽にお問い合わせ下さいね!

 

本記事では

1.案件管理アプリに蓄積したデータをグラフ化(円グラフ)

2.円グラフだけではなく、クロス集計でエクセルにも出来る!

3.グラフ化したものは、案件が増減したらリアルタイムで反映

データ蓄積が強みであるkintone(キントーン)の良さが詰まった記事となっております。

 

過去のkintone(キントーン)活用事例集は下記リンクからどうぞ~。

 

なぜペパコミでkintone(キントーン)を勧めているのか?簡単にご説明します。

興味ない方は目次で飛ばして下さい。

なぜkintone(キントーン)なのか?

ペパコミの理念はクラウド活用でお客様の利益を最大化すること。

そこを前提で考えた時に、業種・規模問わず効果が最大化出来るクラウドサービスはkintone(キントーン)では?思っています。

 

ではクラウドサービスで効果を最大化するには?

それはデータの集約活用です。

そしてデータを活用するためにはまず集めないといけません。

データを集める体制作りが難しいからクラウドサービスの導入効果が感じにくいんですよね。

 

一方kintone(キントーン)は

1.データを集めやすい仕組み作りが比較的容易に出来る

2.つまりデータが集めやすい

3.集まったデータを加工出来る

4.加工したデータを活用出来る

 

更に理由をもう少し掘り下げると

1.会社規模・業種に関わらず導入出来る価格体系と機能性(1部上場企業から個人事業主まで)

2.プログラム経験がなくてもカスタマイズ可能で、余計なシステム保守費用等が掛からない。

3.会社の成長や業務の変化に応じて柔軟に働き方を変えられる

4.とにかくマジでやろうと思えば色々出来る

てな感じですね。

 

詳細は下記記事を見て下さい。

 

とはいえですよ。

我々みたいな販売代理店が言っても

ぽんず(やる気0!)

ほんとに~?

と思われる方もいると思います(筆者がそういうタイプ)

 

なので実際の画面を見せながら“こんなこと出来るんだよ”というのを「kintone(キントーン)活用事例」と称して情報発信していこうかなと。

kintone(キントーン)って結構有名だと思っていたんですが、周りに聞くとまだまだ知らない人が多いんですよね。

 

原則1機能1記事でシンプルにまとめる予定です。

活用術・応用術だけではなく、逆に使いづらい~箇所も発信します。

意外とストレートに活用すると出来ない部分もあるんですよね~少し憎たらしいところです( ´艸`)

 

そんな感じでkintone(キントーン)活用事例もどんどんアップしていく予定ですが、スタンスとして備忘録です!

備忘録ついでにkintone(キントーン)について知ってもらえればうれしいな!スタンスで、仕事の合間を見て執筆しておりますので、雑なスクショや文章あると思いますw

そこは大目に見て頂けると嬉しいですm(__)m

 

と、いうことでお待たせしました!

kintone(キントーン)にデータを溜めたら経営分析がアッサリ出来た

ペパコミではクラウド活用!クラウド活用!と病的に唱えていますが、クラウド活用するためには何が必要だと思います?

 

 

それはデータ蓄積です。(大切なことなので何回でも言いますw)

データがなければ、活用することなんて出来ない。

 

せっかく過去のkintone(キントーン)活用事例

顧客自動登録

案件管理

進捗管理

見積

請求 

この流れを作ったので、溜まったデータを活用するところを見せつけてやろうと思っております。

案件管理アプリを開いてグラフを作ってみる

早速案件管理アプリを開くと、データが並んでますね。

下記画像の赤枠をクリック(グラフを作成ボタン)

kintoneの案件管理アプリからグラフを作ってみた

・横棒グラフ

・縦棒グラフ

・円グラフ

・折れ線グラフ

・クロス集計

・その他

見て下さいこの豊富なグラフ達を!

キントーンで色々なグラフを作れる

円グラフで集計してみた

円グラフを選択すると集計条件を設定出来ます。

分類別(顧客名や担当者など、アプリ内で設定した項目ほぼ全て選択可能です)

集計方法(同上)

表示条件(〇〇を含む等々の設定が可能)

キントーンのデータを円グラフで集計してみた

まあ柔軟に設定が出来るわけですよ。

最終的にどういう分析をしたいか?を予め考えた上でアプリを作ると効率よくデータ収集が出来ますね。

キントーンのデータを円グラフで集計してみた

 

名前を決めて保存しましょう

キントーンのデータを円グラフで集計してみた

円グラフ完成!

こんな感じですね。

キントーンのデータを円グラフで集計してみた

気になるグラフデータの詳細もワンクリックで見れる!

グラフの「金都運総研」が2,600,000円になっているけど、詳細なんだろうなあ・・

と思ったらその項目をクリックしてみよう!

今の時代のクラウド活用はkintoneでデータ蓄積して活用

案件別のデータに飛んでくれるわけですわ・・

キントーンの構築はペパコミへ

グラフデータはリアルタイムで変動する!ダッシュボードにも貼り付けられる

案件が増減したり、確度が下がったりと常に情報は変わりますよね?

変動した瞬間グラフも変動するので、リアルタイムな情報が見れます。

ダッシュボードに貼って全員で数字意識を持たせるのもイイデスネ~!

kintoneの構築ならペパコミ

クロス集計で作ってみた

続いてクロス集計を作ってみましょう

案件管理アプリからグラフ作成を押す

kintoneの案件管理アプリからグラフを作ってみた

クロス集計を選択すると・・・

見慣れた感じで集計をしてくれる!

今の時代のクラウド活用はkintoneでデータ蓄積して活用

保存して開くとこんな感じ

今の時代のクラウド活用はkintoneでデータ蓄積して活用

ExcelやCSVにも変換可能

これ使えば会計ソフトとかへの流し込みも出来ちゃいますね~

今の時代のクラウド活用はkintoneでデータ蓄積して活用

Excel出力するとこんな感じ

今の時代のクラウド活用はkintoneでデータ蓄積して活用

まとめ

いかがでしたか?

データをクラウドに蓄積することで活用することが出来ます。

活用して初めて、業務効率化が実現して利益が最大化します。

データ蓄積するならkintone(キントーン)が非常に柔軟なのでオススメですよ~!

 

全然関係ないですが・・

今日ふと思ったわけですよ。

ふう(驚き)

検索するとき「kintone」って調べなくね?「キントーン」じゃね?

と思って調べてみたら意外とkintoneのほうが多かった。(倍近く多かった)

 

ハ~ヨカッタ!

と思ったけど・・

 

“kintone”って調べるのは既に使っているユーザーじゃね?

使ったことないユーザーは”キントーン”って調べるんじゃね?

あれ、kintone活用事例の記事って誰向けに書いているんだろうか?

・・・

 

 

 

ということで、kintone(キントーン)と書くことにしましたw

SEO的にはこの書き方のがいいんだろうけど、読み手からしたら読みづらいかな~・・どうしようかな~・・と思ってPCやスマホでも読み返してみたら、そんなに気にならないかな?

他サイト見てみたら結構みなさんkintone(キントーン)と書いていますね。

と結構真剣に悩んでいた筆者でしたw

しばらくこれで書いてみます。

最後に

ペパコミではkintone(キントーン)の構築・カスタマイズを行っております。

kintone(キントーン)で効果を最大化するためには、正しい業務フロー構築や社内運用体制を作らないといけません。

ペパコミではクライアントのためにこれら全てを巻き取り、kintone(キントーン)で圧倒的な成果を実現します。

無料で相談を受け付けておりますので是非ご相談下さい。

業務をhackしてkintone(キントーン)活用と業務改善を高速で実現します!