【用法容量守ろう】kintoneのドロップダウンフィールドの注意点!【動画】

サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 ペパコミ株式会社です!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

どうもkintone活用ちゃんねるのハルクです!

今日のkintone活用事例は

kintoneのドロップダウンを理解しよう~!

kintone

ということでいつもと違ったテイストになります

kintoneのフィールドについて解説です

視聴者さんやお客様から選択式系フィールドについて解説してほしいと要望が多いので動画にしました

Kintoneの選択肢フィールドは大きく4つ

kintone

1.ラジオボタン

2.チェックボックス

3.ドロップダウン

4.複数選択

それぞれ特徴が異なりますので 使うべきシチュエーションも大きく変わってきます

kintone構築する上で大切なことは逆算です

最終的に何をしたいか?

どう見せたいか?

から逆算してフィールドを組み合わせてアプリを作ることが大切です

その中で選択肢が必要な際にどの選択フィールドを使うべきか迷う人が多いんですよね

なので今日はそこを徹底解説していこうと思います

どういうシチュエーションで使うべきか?だけでなく

ちょっとした小技なども紹介していこうと思います

1本の動画にすると長くなってしまうので今日はドロップダウンに絞って解説していきます!

ラジオボタン、チェックボックス、複数選択については他動画で説明しております

選択肢フィールドは全て理解することで効果的な使い方が出来ますので是非他の動画も見て学んでください!

kintoneのチェックボックス・複数選択で気を付ける点!_Vol105

kintoneのラジオボタンフィールドの小技と注意点を紹介_Vol104

 

それでは宣伝を挟んでからデモ画面に入ります!

このチャンネルは、

kintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミが運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで

kintoneに関する情報を幅広く発信しておりますので

是非チャンネル登録をお待ちしています

それではデモ画面へいってみましょー 

目次

ドロップダウンについて

kintone

ドロップダウンの特徴は大きく4つ

kintone

①どれか1つ選択が必須(初期値)

②未選択も可能

③展開→選択と運用側の手間がある

1つだけ選択させたい&選択項目の数が多い時に活用

kintone

こんな感じで選択肢の中から1つを選択する割と一般的によく見るボックスです

プルダウンなんて呼んだりもしますね

選択しないこともできます

ちなみに必須項目にすることで必ず1つを選択させることもできます

kintone

で ドロップダウンですが特に画期的な活用方法があるわけではないんですよ

じゃあなんでわざわざドロップダウン単独で動画を撮っているかというと

マイナス面を理解してほしいからです

ドロップダウンは運用の手間がある

kintone

ドロップダウン特徴の1つで挙げた「③展開→選択と運用側の手間がある」についてです

kintone

ペパコミではkintoneを導入している企業へ向けたコンサル相談もされるのですが

kintone初心者ほどドロップダウンを使いたがるんですよ

理由は多分一般的で身近だからなのかなと

でも安易にドロップダウンを使わない方がいいな~と個人的に思っています

ドロップダウンって選択項目が表に出ているわけでないので

kintone

一度クリックをして選択項目を展開させてから選ぶという2段階必要になるんです

kintone

他の選択肢フィールドはワンクリックで出来るんですがドロップダウンは2段階の工数が発生するんですね

で アプリを作る側だと「いやいやそのくらいいいでしょ・・」と思いがちなんですが

いざkintoneを運用する人からすると面倒くさいものなんですよ 

これを使用者のワガママと切り捨ててはいけないです

僕は基本kintone担当者の味方なので

kintoneに対する現場からの無茶苦茶な要望や大事ではないとりあえず要望は

kintone担当者が疲弊するのでスルー推奨しています

でもこのドロップダウンに関してはスルーしてはいけないと思っています

kintone

これは他選択肢フィールドへの改善の余地があるし 

kintone

現場が運用する上で直結する要望だからです

そのくらい重要なのですが アプリを作る側からすると

「え?2クリックで出来るじゃん・・」と思ってしまうレベルなので意外と放置されやすいんです

でもハッキリ言いますが

ドロップダウンが大量にあるアプリは超使いづらいです

なのでドロップダウンを使う場面は慎重になったほうがいいです

ドロップダウンを使うべきタイミング

個人的にドロップダウンを使うタイミングは大きく2つです

1.項目数が多い場合

kintone

まあこれはそうですよね

項目数が多いのにラジオボタンを使うと見辛くなるので

2.スマホでの使用がメインのアプリの場合

kintone

コレですコレ

現場の人がスマホで使うことがメインのアプリはドロップダウンは役に立ちます

なぜかというと

ラジオボタンやチェックボックスってスマホで見ると超微妙なんです

マジでいけてない

スマホで見ると選択項目1つだけで1行占領しやがるんですよ

項目が5個あるだけで5行も使うんですよ

ただでさえパソコンよりも画面の小さいスマホが選択肢の項目で埋め尽くされると入力者側としてはどう思いますか?

もう入力する気なくなりますよ

kintone

なのでスマホで使う場合はなるべくドロップダウンで見た目をシンプルにしてあげるといいと思います

ということでドロップダウンに対してのデモ画面でした

ドロップダウンは小技ネタではなく

注意喚起がメインでしたがめっちゃ大事なことだと思ったので動画にしました

それでは画面動画は以上となります! 

まとめ

いかがでしたか?

今日はドロップダウンについて解説しました

言うほど解説してないけど・・

うちのチャンネルコンセプトはkintoneで出来ることを理解する

なのであまりフィールド解説には入るつもりなかったのですが

要望が多かったので今回やってみました

もし好評だったら選択肢フィールド以外もやっていこうと思うのでコメントして下さい!

これからもkintoneの役立つ情報を発信していきますのでチャンネル登録をお待ちしております!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い! 

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる