kintone伴走というサポートは何をするのか?【日記】

kintone構築のペパコミ株式会社 竹谷です!

kintoneを導入した企業さんに必要なこととして、

「伴走してくれるkintoeサポート会社」

という意見をよく聞きます。

 

実際私たちもサポートをしている立場として

その気持ちはよくわかります。

今日は伴走って具体的にはどのようなことか

私なりの解釈をかいていきます。

決めるのは企業

「ドロップダウンorラジオボタン」

「進捗ステータス変更はいつ、誰が?」

など、業務に合わせて使いやすいように決めるのは使用する企業さんです。

 

少し前の「システム構築」はそのようなことを

エンジニアが最初に決めた要件定義の元に作成し、

「こちらはドロップダウンからの選択になります」

など、完成したらそのままドロップダウンで使用するのが当たり前でした。

kintoneは「使ってみたらラジオボタンの方がいいかも」となると

ドロップダウンからラジオボタンの変更ができます。

 

しかし仮に変更した時に出てくる問題として

「いままでドロップダインで入れたデータはどうする?」

ということがあります。

 

その際に(旧)ドロップダウンで入れたレコードデータを

(新)ラジオボタンに移行する方法などを相談し、

一緒にその作業を行えるのが「伴走して行うこと」です。

 

構築したアプリを使いやすくするためにどうしたらよいのか?

その決定は常に使う企業さんなので、

使いながら「これで良いか?」は考えてもらわなければいけません。

広げたい業務を考える

例えば、案件管理がkintoneでできるようになると、

見積りからの成約率・請求管理・社内の別業務など

他の事柄もkintoneで行う方が効率が良くなることがたくさんあります。

 

でも、一度に行うよりも順を追ってkintoneに移行していく方が良い業務もあります。

それは会社さんの人員配置や、業務内容によっても違うので一概にどの業務とは言えませんが、

行いたい管理・業務を聞いて、どのように拡張するかを

相談しながら一緒に実行していくのも「伴走して行うこと」のひとつです。

 

経営陣の意向と、現場の意向が異なることもありますし、

やりたいことが多すぎてバラバラになってしまうことや、

逆に声を掛けなければ導入アプリのみで進まない企業さんもあります。

使用具合を確認しながら、kintoneを効率よく使用するためにはどうすればよいか?

それを一緒に考えるのが私たちの仕事です。

孤独にならない

kintoneを導入した企業さんに多く見られるのですが、

担当者のみ、又は数人のみが盛り上がり

他の人達が積極的に関わることはなく、kintoneに関して孤立することです。

どんな業務も繋がっています。

 

何かの業務をkintone化しようとすると、

その周辺の方々の協力が必要になるのですが、

そのときにあまり協力してもらえない、ということがよくあります。

 

周りの人も「協力をしない」というつもりはなくても、

kintoneの仕組みがわからないので、関心を持ちづらいです、

そして気が付くと担当者もkintoneを進めていく気がなくなってしまうという現象です。

 

伴走してサポートするのは、担当者さんたちがあきらめないように

一緒に相談し、仲間としてkintoneを進めていくという面もあります。

一人では起きないやる気も、一緒に仲間がいれば頑張れることは多くありますから!

結局のところ「伴走」って「一緒にやる」ということですね。

 

私たちが「一緒にやる」ために意識していること

・相談しやすい

・連絡がとりやすい

・わからないことに対するQ&Aの蓄積

私はkintoneって裏方の地味なシステムと思っています。

 

だからこそ、様々なことに対応ができるので、

あきらめずにコツコツとデータをいくことで

企業さんのデータという資産が蓄積されて

大きな力となっていくと信じています。

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる