トヨクモのフォームブリッジ・kViewer・プリントクリエイター紹介!【動画】

kintoneコンサル会社のペパコミです!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容を書いていこうと思います。

 

今回の取材内容は、、、

「トヨクモに取材!フォームブリッジ・kViewer・プリントクリエイターのご紹介!」!

 

 

 

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

 

目次

トヨクモのkintoneプラグイン「フォームブリッジ」

 

今回はトヨクモのkintoneプラグインを3つご紹介します。

まず最初にご紹介するのがフォームブリッジです。

フォームブリッジは、Webフォームを作成できるサービスです。

フォームブリッジ

実際にフォームから登録された情報がkintoneアプリに入ってくるのがフォームブリッジです。

というかそのそもそものフォームをフォームブリッジで作ることが出来ます!

 

まず、受け皿となるkintoneアプリを作成します。

そのアプリのURLをコピーしてフォームを作成する形で、アプリに登録してあるフィールドをそのまま引き継ぐことができます。

フォームブリッジ設定

細かい設定は画像の場所で行うことが可能です。

さらに、自動返信メールやWebフォーム回答後に表示させる文言設定を行ったり、多言語対応しているので、回答者の言語のブラウザによって変更することも可能です。

また、条件分岐をすることも可能で、例えば、対応状況が未対応の場合、「詳細」というフィールドを出すなどの設定が簡単にできるようになっています。

フォームブリッジ簡単設定

そして、問い合わせボタンを押すと、連携しているkintoneアプリにレコードが追加される仕組みになっています。

使い方としては、ホームページの問い合わせページで使う事例が多いです。

フォームのURLをお客様と共有したり、問い合わせフォームだとコーポレートサイトなどにiframeで埋め込みも可能です。

フォームブリッジiframe

フォームブリッジの料金はプランが3つあり、ライトコースが6,000円、スタンダードコースが9,000円、プレミアムコースが14,000円になります。

フォームブリッジ料金

 

トヨクモのkintoneプラグイン「kViewer」

 

続いては、kVeiwerをご紹介します。

kViewerは、kintoneのアカウントを持っていない方でもkintoneの中の情報を閲覧できるサービスです。

kViewer

以下の画像は実際にトヨクモで使用しているアプリです。

kviewerデモ画面

このアプリでは何月何日にバージョン〇〇をリリースしたのか?、バージョンアップの内容を管理したアプリです。

このアプリはトヨクモの社員しか見ることができませんが、kViewerで外部ページを作成することができるので、この情報をアカウントを持っていない方でも閲覧できるようになります。

kviewer閲覧可能

さらに、フォームブリッジとkViewerを組み合わせることで、フォームブリッジは外部からの情報入力を取り込むもの、kViewerは外部の方が内部の情報を閲覧できるようになるのでレコードの編集まで可能になります。

例えば、ジムのプログラムをkintone側で登録しておいて、それをkViewerで外部に公開します。

ジムを予約する人はkViewerを見てプログラムをクリックするとフォームブリッジが起動して、フォームに入力するとkintone上でプログラムに対して〇〇さんが予約したと登録されるようになります。

kintoneのアカウントを持っていない方がスマホで作業することも可能です。

フォームブリッジとkViewerはとても相性が良いプラグイン!

 

kViewerの料金には4つのコースがあります。

ライトコースが月額6,000円

スタンダードコースが月額9,000円

プレミアムコースが月額15,000円

プロフェッショナルコースが月額24,000円

kviewer料金

プロフェッショナルコースにはダッシュボード機能がついてきます。

kviewerプロフェッショナル

kViewerの通常機能でグラフビューを作成できるのですが、作ったビューを1つのダッシュボードにまとめて見せることが可能になりますし、複合グラフを作成できるようになります。

プロフェッショナルコースがオススメな企業さんは、例えば、営業活動が活発なところで営業がkintoneのアカウントを持っていない人でも案件の情報を見たい時とかダッシュボードで見せてあげると共有ができるようになります。

トヨクモのkintoneプラグイン「プリントクリエイター」

 

最後にプリントクリエイターについてご紹介します。

プリントクリエイターは、請求書を発行したい場合にお客様の名前や請求金額等々を引用した形で帳票を綺麗に出力できるプラグインです。

プリントクリエイター

PDFのフォーマット自体をプリントクリエイターに取り込むのでどんな帳票でも出すことができます。

ファイルのサイズなどは問われないので、好きなサイズ・種類で帳票を作成することが可能です。

プリントクリエイターデモ

プリントクリエイターの料金はライトコースが月額6,000円、スタンダードコースが月額9,000円、プレミアムコースが月額14,000円になります。

プリントクリエイター料金

複数枚帳票出力、レコード一覧画面から一括出力をしたい場合は、プレミアムがオススメです。

 

まとめ

 

今回はトヨクモさんのkintoneプラグイン、フォームブリッジ・kViewer・プリントクリエイターの3つをご紹介しました。

どのプラグインも初期費用・解約費用はかからずに無料トライアルもあるので、是非試してみて導入をご検討ください。

 

トヨクモ株式会社の公式サイトはこちら

フォームブリッジのサイトはこちら

kViuwerのサイトはこちら

プリントクリエイターのサイトはこちら

 

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる