kintoneでガントチャートならアーセス!取材してみた【動画】

サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 ペパコミ株式会社です!

 

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容part2を書いていこうと思います。

part2の取材内容は、、、

「アーセスさんのKOUTEI/KOYOMI/KANBANプラグインを取材してみた」!

アーセスさんが開発しているプラグインKOUTEI/KOYOMI/KANBANについてご紹介します。

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

目次

アーセスのプラグイン1:KOUTEI

 

まず初めにご紹介するアーセスさんのプラグインは、「KOUTEI」です。

KOUTEIは、ガントチャート形式で表示することができるプラグインです。

具体的にできることは、最初のプロジェクトの一覧画面が表示されるので、アプリの一覧の上にそれぞれ全体の予定がガントチャート形式で表示されます。

kintoneのレコード1つ=1プロジェクトというイメージになっています。

KOUTEIガンチャート

各工程ごとのスケジュール変更も簡単です。

ガントチャート画面上から編集する、単純に予定を伸ばすなどはドラッグで完結します。

KOUTEI編集

また、作業終了の状態になると自動で色が赤くなるのでわかりやすいです。

KOUTEIは特に建設会社などは使う頻度が多いと思うのですが、プロジェクト毎に案件管理ができて、プロジェクトを開くとさらに細かい工程や工程管理ができるので重宝されるプラグインです!

スマホ対応にはまだなっていませんが、アーセスさんも検討中とのこと。

ちなみに金額は月額10,000円ですが、年額になると98,000円に!

最初の1ヶ月は無料期間があります。

KOUTEI料金

 

アーセスのプラグイン2:KOYOMI

 

2つ目にご紹介するプラグインがKOYOMIです。

KOYOMIは、kintoneに標準のカレンダービューだと予定が見えづらい、名前や件名だけだったりと見えないのでそういったものを可視化したいというニーズを汲み取ったプラグインです。

KOYOMI強み

kintoneの標準カレンダーは少し弱いですが、kintoneでカレンダー管理したいというお客様にオススメのプラグインです。

予定を追加するのも簡単で、クリックするとポップアップビューが出るので標準の入力だけでなく、期間・繰り返し・どの施設を使うか?・参加者なども追加できます。

KOYOMIポップアップビュー

Googleカレンダーと比較してみても通知機能があること、週ビューを閲覧可能などの点で同じです。

また、KOYOMIでは、予定をずらしたり伸ばしたりするのがマウスだけでできるのでとても楽です。

KOYOMIの金額はKOUTEIと同じで月額10,000円、年額98,000円になっています。

また、KOYOMIはスマホ対応をしています。

KOYOMIスマホ対応

グループビューはありませんが、個人ビューと週・日で見ることができます。

あとは、特定の人の全予定を見ることもできます。

KOYOMIの画面をトップ画面にアイコン化すればGoogleカレンダーと同じように使うことができます。(下記動画参照)

 

アーセスのプラグイン3:KANBAN

 

3つ目にご紹介するプラグインがKANBANです。

KANBANは、kintoneでタスク管理ができます。

未着手・着手中などがパッと見画面上で見やすくするためのプラグインです。

KOKUTEIプラグイン

タスクをカード形式で表示でき、このカードをドラッグするとステータスを変えることができるのでとても便利です。

kintoneでのステータス管理は例えば、ラジオボタンを使ってステータス項目のボタンを変えたりしますが、可視化ができません。

しかし、KANBANを使用することで、全体業務が可視化されてパッと見で直感操作ができます。

KANBANは採用管理にも使用可能です。

書類選考の状態なども直感的にわかるようになっているからです。

KANBAN採用管理

また、採用管理だけではなく、お客様によって様々な使用方法があります。

案件管理などがメジャーな使用方法の1つです。

KANBANの料金も上記2つのプラグインと同じで月額10,000円、年額98,000円です。

こちらも1ヶ月の試用期間があります。

 

まとめ

 

今回はアーセスさんのプラグインKOUTEI/KOYOMI/KANBANについてご紹介しました。

どのプラグインも試用期間が1ヶ月あるので、とりあえず試してみて合うか合わないかを判断して導入するのが良いかなと思います。

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
株式会社vivid 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる