サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 株式会社vividです!

 

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日のkintone活用事例は・・

「kintoneで不動産物件・地主・顧客管理を連動して一元管理しちゃおう~!」

kintoneなら不動産業界の複雑な情報管理も簡単に一元管理出来ちゃいます!

kintoneで地主管理

 

地主の土地案件管理

買主の案件進捗管理

物件の進捗管理

 

これらが双方感で紐づいて一目で状況確認出来るようになったらいいと思いませんか?

kintoneなら可能です!それを今日お見せします!

問題定義

ぽんず(やる気0!)

管理する項目多すぎてめんどくせえええええ!

ふう(斜め)

おっ今日も大変そうやな?

ぽんず(やる気0!)

地主の情報管理・買主リスト管理・物件の管理ぜ~~んぶバラバラでエクセル管理してんねん!

ふう(斜め)

そうなんや なにが大変なん?

ぽんず(やる気0!)

単純にExcel転記も手間やしミス起きるしな!あとは問い合わせに対して迅速に対応できへんから怒られたりするしな!おんなじような情報やのにそれぞれで別管理してるから

ふう(斜め)

ピコーン!それ 出来るで!一つの入力で全ての情報が紐づくようにしたらええんやろ?

ぽんず(やる気0!)

ほんま?現場も忙しいからあんまややこしくないように出来るかな?

ふう(斜め)

できるできる~!ほないってみよ~

この子らがいったようにkintoneなら

地主管理・物件管理・案件進捗管理が簡単に出来ます!

実際に弊社へご相談頂いた事例に基づいて作成しております!

では画面にいってみましょー!

kintone不動産物件管理デモ画面概要

kintoneで物件管理

使うアプリは5つ

・地主マスタアプリ

・物件マスタアプリ

・買主マスタアプリ

・物件案件管理アプリ

・活動報告アプリ

kintoneで不動産売買管理

地主マスタ

地主の情報を登録するアプリです

物件マスタ

物件名・場所など物件情報を登録するアプリです

地主情報は地主マスタアプリから引っ張ってきます

買主マスタ

買主の情報を入力するアプリです

物件案件管理アプリ

地主と買主を紐づけるアプリです

案件発生時にどの物件に対して誰が興味を持ったか?を取得します

初回打ち合わせ内容は物件案件管理アプリ

2回目以降の内容は活動報告アプリとなります

活動報告アプリ

カレンダー形式で日付を選択するとヒアリング入力項目が出現しますので、営業がメモ感覚で日報情報を入力できます

案件発生したら物件案件管理アプリ

以降案件に対する進捗は活動報告アプリに入力

これらが紐づくことで案件進捗管理ができます

紐づくとどのように見えるか?

地主マスタアプリを開くと過去どの物件を提供してそれぞれの進捗が見えるようになります

kintoneで不動産営業管理

 

物件マスタではA物件に対しての状況・具体的な進捗が活動報告アプリから紐づきで確認できる

 

kintoneで地主営業管理

 

買主マスタで過去物件購入履歴が見えるようになる

案件管理は活動報告で入力した内容が紐づくようになる

つまり・・

 

どこを入力しても関連箇所に紐づいて管理出来るようになります!

 

例えば地主管理でA物件未成約の状態が知りたいなら詳細をクリックすると

状況なのか一目で分かるようになる

串刺し管理できるのがkintoneの便利なところなので不動産管理系の会社様に特にオススメです

詳しくは動画をご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

少し駆け足でしたので改めて説明します

【マスタ】※最初に予め登録しておく情報

kintoneで不動産売買管理

地主マスタ:地主情報を入力

買主マスタ:買主情報を入力

物件マスタ:物件情報を入力

物件マスタは誰の土地なのか?分かるように地主マスタから紐づける

 

【案件発生時の初回やり取り時に入力するアプリ】

kintoneで物件情報管理

物件案件管理:最初のアプローチだけ入力するアプリで買主マスタから買主情報を紐づける

買主マスタにない場合は買主マスタに登録をする

【2回目以降のやり取り時に入力するアプリ】

kintoneで案件管理

活動履歴アプリ:ヒアリングしながら活動履歴アプリを開いて入力していく

物件名は物件マスタから紐づける

買主名は買主マスタから紐づける

細かい項目は同じ不動産業界でも異なると思うのでお気軽にご相談下さい

会社様にあわせた形で構築することが可能です

 

またこれらの情報をkintone上に蓄積することで分析することも出来ますので非常にオススメです!

kintoneで不動産管理をするメリットは大きく3つ

kintoneで営業管理

1.地主・物件・買主管理が一元化できる

2.現場が入力するのは基本的に活動履歴のみなので運用がしやすい

3.顧客からの問い合わせにスムーズに対応できるようになる

今回使うプラグインは・・

ナシです!

これだけの機能なのに有料アプリ使っていないところがすごくないですか?

これからもkintoneの役立つ情報を発信していきますのでチャンネル登録お願いします!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い!