ペーパーレス実現にコミット!

kintoneコンサルのペパコミです!

 

今日のキントーン活用事例は・・
「建設業界の日報を現場で作成し、元請け報告用の資料も同時に作っちゃおう~!」
クラウドサービスのキントーンを使うと、建設業界の進捗管理・報告業務がスムーズになります。

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

本記事はyoutubeの「kintone活用ちゃんねる」でアップしている動画の文字起こし版となっております。

画面のほうが分かりやすいため、詳しくは是非動画をご覧ください。

問題定義

黒:あ~建設現場の管理が大変や~
白:お?どないしたん?
黒:請負元に出す書類作らなあかんし、日々の進捗も管理もせなあかんから、そのために事務所に戻らなあかん!
白:確かにな。事務所にわざわざ戻らなあかのは大変やな~。

黒:撮っとかなあかん写真撮るの忘れてもーたら大変やしな。
外から工程とかやらなあかんこと把握出来て、そのまま報告書とか作れたら楽やねんどな~。
白:ピコーン!※電気ランプ
白:それな、キントーン使って管理したらええやん!

黒:そんなんも出来るん?
白:出来る出来る。請負元の書式に応じて印刷もできるしな!
現場でスマホで写真撮ってそのまま貼り付けもできるで!
黒:ほんま!?はよみせて
白:まあまあ。ほな、いこ~

キントーンなら、現場日報作成から請負元への報告書作成が出来ます。
更に工程管理の共有化も出来るようになります。
ということで早速画面で見ていきましょう!

kintone(キントーン)画面を見ながら説明します!

お見せするのは3つ
1.パソコンで日報を作成
2.スマホで日報を作成
3.元請け報告用の週報を作成

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

kintone(キントーン)アプリの日報を開きます。

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

日報では天気や工種・業者名・人員等を入力します。

このあたりは御社に合わせて柔軟にカスタマイズ可能です。

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

日報を作成する場合は、前日の日報を再利用すれば簡単

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

前日データを引き継がれるので、いちいち前日の日報を漁る必要がない

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

日報を元に週報など、請負元へ報告する資料もkintone(キントーン)上から作ることが出来ます。

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

蓄積された日報データを自動で持ってくるため、二度手間がありません。

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

請負元の書式に合わせて作成→出力が可能ですので、どの建設会社でも対応できます!

建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

作成が終わったら出力ボタンを押すと・・建設現場の日報・工程管理はkintone(キントーン)で

こんな形で出力出来ます!

PDFでもExcelでも可能です。

まとめ

いかがでしたか?
事務所に戻って日報を作成している会社にとっては、大幅なコストダウンが実現しますので、是非検討してみてくださいね!
それではまとめます!

キントーン活用するメリットは大きく4つ
・現場で日報の作成をすることができる
・工程進捗の管理が簡素化される
・撮影もれ等も防げるような仕組み作りが可能になる
・請負元の書式に合わせた報告書も簡単に作ることができる

ちなみに今回使うプラグインは・・トヨクモ「プリントクリエイター」です!

以上になります。
これからもキントーンの役立つ情報を発信していきますので、チャンネル登録もお待ちしています。
本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い!