【onboard】kintone連携で紙帳票データを集計できる便利なソフトを紹介【建築/介護/病院必見】

kintone構築・伴走会社のペパコミ株式会社です。

kintone(キントーン)

ペパコミ小川(以下黒字):はい。どうもkintone活用ちゃんねるのハルクです!

kintone(キントーン)

今ですね、onboardさんに来てます。

“onboard連携”っていうのがありまして、これが結構面白いんですよね。

手書きで書いた情報、紙に直接書いた情報がonboardを経由して
kintoneに連携されるということで。

kintone(キントーン)

現場業務でなかなか紙が脱却できない会社は、必見の連携だと思いますので

具体的に話を聞いていきたいと思います。

目次

“onboard連携”について

小川:では、よろしくお願いします 

根津氏(以下赤字):はい。よろしくお願いします 

小川:簡単にじゃあ、自己紹介からお願いします 

kintone(キントーン)

根津氏:”ALCONTA”という会社の代表をしています、根津と申します。よろしくお願いします

小川:根津さん。よろしくお願いします。
じゃあちょっと今日は、紙で書いたものが実際にもうそのまま

kintone(キントーン)

kintone
にデータを飛ぶっていうところなのでまず、概要のところを

kintone(キントーン)

簡単にお伺いしたいんですけれども どういう流れになっておりますか? 

根津氏:皆さん、いろんなお客さんがお書きになられてる

kintone(キントーン)

いつもの紙帳票。現場にたくさんあると思います

小川氏:大好きなやつですね 

kintone(キントーン)

根津氏:これをこの専用のワコムさんのボードの上に載せていただいて、
いつも通り書いていただくと、3つのことが同時にできるようになってます。

1つ目は、書いた側からPDFを

kintone(キントーン)

自動で生成してくれる。

もう1つは、

kintone(キントーン)

テキスト変換を自動で行ってくれます。

3つ目が

kintone(キントーン)

現場ごとに何か、部署ごとに集計をしているようなExcelだったりですとかkintone、
そういったところに自動的に、書いた内容をテキスト打ちしたものが転記できるような。
こんな仕組みです

小川:ありがとうございます。じゃあ、実際に動きを見てみたいと思います 

実際の動きを確認

根津氏:そうですね。じゃ、実際に書いてみたいと思います。


kintone(キントーン)

じゃあ、今日の日付からいきます

小川:なるべく真横にして 

kintone(キントーン)

根津氏:結構、なぐり書きします

小川:はい。これはもう座標とかから読み解いて、

kintone(キントーン)

書いた圧で識字するとか、そういう感じなんですか? 

根津氏:その通りです。実は書いているこのデータをストローク情報って呼ぶんですけれども、これをですね、

kintone(キントーン)

この下のボードで読み取って、それを筆跡をもとに、書き順をもとに日本語にしていきます。今日は

小川:これ、とんでもない書き順するやついたらどうなるんですか? 

根津氏:そうなんですよ。そこ、ある程度はカバーしてくれます。

kintone(キントーン)

難しい漢字の渡邊の邊とか、ちょっとわからない書き順のところも大丈夫です

小川:なるほど。じゃあ、例えば髙橋の髙でハシゴのやつとか、あれとか? 

根津氏:大丈夫です 

小川:あ、いけるんですね 

根津氏:JISの第2水準も大丈夫です 

小川:なるほど 


根津氏:はい。じゃ、書き終わりました。

kintone(キントーン)

書き終わるとボタンが青くなりますので。これボタンを押します。
このボードすごく単純なものでボタン1個しかありませんので、書いたら押す

小川:まずはデータを飛ばすところですね 

根津氏:その通りです 

kintone(キントーン)

小川:これが今何も入ってないんですが、受信中になってますね。

kintone(キントーン)

受信中。
これが、あ、来た 

kintone(キントーン)

根津氏:もうデータが出来上がりました。ここで最終確認します。
現場で、これを見るのも面倒くさいよという場合は、この辺の近くだったり、ポケットに入れといていただくと、

kintone(キントーン)

自動的に送信してくれるモードもあります。

kintone(キントーン)

つまり現場は書いて押すだけで終わり。これも見ない。

kintone(キントーン)
じゃあちょっと、この紙飛行機のボタンを押してください

小川:はい。

根津氏:で送信 

小川:はい 

根津氏:現場はこれで終わりです。
本部側は今、kintoneだったりクラウドのonboardの方にデータが入ってきますのでちょっと見ていただきます。

kintone(キントーン)

こんな画面です

小川:これはイメージとしては、いったん書いたものが

kintone(キントーン)

onboard
のほうに保存されて、そこから連携してkintoneに飛ばすっていう感じですね 

根津氏:その通りです 

小川:はい。ありがとうございます。これがじゃあ今、
kintone(キントーン)

onboard
にに飛んでいるところですね 

根津氏:はい。そうです。現場で一々これ返ってきて、

kintone(キントーン)

お客さんに作業完了報告書を書いたりとか、健康チェックのシートを会社に戻って提出。
こんなことがなくなるような。すごく楽です

kintone(キントーン)

小川:建設業界とか介護業界とか病院とか、めちゃめちゃいいですよね 

根津氏:その通りです。すごく引き合いがあります 

 

kintone(キントーン) 

小川:じゃあ、これデータ飛んだんですね? 

根津氏:そうですね。今、こんな画面です。

kintone(キントーン)

拡大して見てみますね。

kintone(キントーン)

実際に私が書いた字ですね。この通りです


小川:これはあくまでPDFに変換しただけで、

kintone(キントーン)

これ右側にもうデータ化されてますね。これですかね? 

kintone(キントーン)
根津氏:はい。日付 “11/11” 

小川氏:”鈴木商事”

kintone(キントーン)

結構雑でも入ってますね。

kintone(キントーン)

根津氏:営業の”営”とかも結構デタラメに。”業”とかもか変えてね。

ここ今1箇所、間違えてたりしますよね。

kintone(キントーン)
用事の”用” “田中”って書いたつもりで

小川:本当だ。本当だ 

kintone(キントーン)

根津氏:この場合も簡単にここダブルクリックして頂くと、自動的に裏側のデータも直るようになってます

kintone(キントーン)

小川:これイメージ的にはもうあれですよね。
事務員さんが、飛んできたら事務員さんがデータを確認して修正するみたいな感じですよね 

根津氏:その通りです。

kintone(キントーン)

修正のオプションなんていうのも、来年の年明けから出てきます。
放っておいても、自動的に修正をしてくれるオプションっていうのが。

kintone(キントーン)

これを実際にkintoneに取り込んでみたいと思います。

じゃあ、kintoneの画面に切り替えます。

kintone(キントーン)

この特徴は”プラグイン”を使うんですけれども、連携用のonboardの。

この項目ごとに、

kintone(キントーン)

kintoneアプリだと左から右にこう、ドラッグアンドドロップして、
帳票ごとにフォーム作らないといけないと思うんですけど。

kintone(キントーン)

これ、自動的にこのフォームを読み取って全てこう自動で出してくれます。

kintone(キントーン)

ボタン1つです。じゃあ、今から同期してみたいと思います

kintone(キントーン)

小川:メインは、一番上は、”株式会社 田中”ですね 

根津氏:そうですね。前回書いたものです。

kintone(キントーン)

最新のものだけ、差分でこう持ってきますので、毎回全部データを舐めてここに取り込むってことはありません。
つまり重たくならないということですね

kintone(キントーン)

小川:入ってますね 

根津氏:私が書いたデータ、先程onboardに。

kintone(キントーン)

直した結果なんかも全部


kintone(キントーン)

小川:そうですね。さっき、”用”でした 

 

kintone(キントーン)

小川:ちょっとじゃあレコード詳細、開いてもらってもいいですか? 

根津氏:ありがとうございます。 

kintone(キントーン)

小川:そうすると、ここに年月日 

根津氏:そうですね 

小川:名前、ちゃんとあるんですね 

根津氏:はい 

小川:これ、2022年11月11日でそれぞれ別フィールドになってるんですけど、

kintone(キントーン)

kintone
の日付フィールドに変換した状態で、入る形で取り込むっていうのはできるんですか? 

kintone(キントーン)

根津氏:やろうと思えば できると思います

kintone(キントーン)

小川:裏側のマッピングで調整するっていう感じですか? 

根津氏:その通りです 

小川:なるほど。とりあえず今は

kintone(キントーン)

これをベースにアプリを作った感じだと思うんですけど、

kintone(キントーン)

既存のアプリに対して取り込むっていうこともできるんですかね? 


kintone(キントーン)

根津氏:これからですね。それ、取り組もうと思ってます 

小川:それは、これからですね。なるほど。なるほど 

kintone(キントーン)

根津氏:基本的には問題なくできると 

小川:できるんですね。そうですよね。なるほどわかりました。

kintone(キントーン)

そしたら、ちょっと具体的にお伺いしていきたいんですけど、
これって基本的には、この座標で読んでるってことは

kintone(キントーン)

こんな風にずれちゃったりとかしたらダメだから、

表をこうやって合わせないとダメだっていうことですね?
 

kintone(キントーン)

根津氏:その通りです ここだけ合わせてください

小川:ここだけ合わせてってことですね? 

kintone(キントーン)

根津氏:ただ ちょびっとずれてるぐらいでしたら、アプリケーションのほうでどうとでもできます

小川:そうですね 

kintone(キントーン)

根津氏:この辺の画面を長押ししていただいて、アプリケーションの位置の修正。

この辺をやっていただく。ここの四角い場所ですね 

小川:角っちょのところ? 

kintone(キントーン)

根津氏:角っちょのところ、今ちょっとじゃあ、やっていただければと思います。

ちょーんとこの角に。

kintone(キントーン)

“A点”ですね

kintone(キントーン)
小川:ここですか?
 

根津氏:ここですね 

小川:ここですか? はい 


根津氏:ちょん。

kintone(キントーン)

で、”B点”を押してください。この角です 

小川:ここですか? 


根津氏:はい。ちょん。

kintone(キントーン)

グリーン線が出ました。

小川:すげえ 

kintone(キントーン)

根津氏:で、C点ちょん。こうするとオールグリーンになって、

kintone(キントーン)

これで位置調整は完了ですね。1個のこの帳票は紙変えなければ、ずっとこの位置ずれすることはありません 

小川:なるほど。例えば、こういう状態でこうしたら、

kintone(キントーン)

次からはこの状態じゃないとずれるってことですよね 

根津氏:そうですね。

kintone(キントーン)

基本はこう書いた後でもできますので、書いて確認して ずれてるなと思ったら

この動きやっていただければいいかなと 思います。

小川:なるほどですね。ありがとうございます

根津氏:はい 

kintone(キントーン)

小川:じゃあ、このシステムを使うってなった時は、契約するのはonboardとその連携のプラグインですか? 

根津氏:その通りです 

料金形態について

kintone(キントーン)

小川:それぞれ料金体系とか、お伺いしてもいいです? 

kintone(キントーン)

根津氏:はい。いろんな料金体系が実はあるんで。

kintone(キントーン)

基本は1人、各人1人で1ライセンス。そして1台のボード。

そしてクラウドが必要になりますが、

kintone(キントーン)

全部これが1:1:1。ソフトと人とハードウェアが、1:1:1っていうのが基本です。

kintone(キントーン)

ただ、現場全員で10ライセンス  ソフトを使うと

10枚来ちゃうというのはもったいないですよね。

使うことないと思います。

その場合は10人でライセンス、10人分買っていただくと、

kintone(キントーン)

1台の板でもいいよといったようなプランもあります。

板を共有してもらって、ライセンスも共有して

kintone(キントーン)

ご自由に使って頂けるようなものとか

kintone(キントーン)

あとはアンケートみたいなもの、不特定多数の方に書いてもらう場合って、

ライセンスの数、限定できないですよね。

その場合はこの板ごとに、月額いくらだよとか、年額いくらだよといったような契約もあります。

kintone(キントーン)

街頭アンケートだったりとか、野球のスタジアムでこういうものが置いてあったりとか、

コロナの検査だったりとかで、いろんなところに こう置いてあって

誰が書くか分からないような場合は、この板ごと アプリケーションごと

kintone(キントーン)

全てを 月額いくらでお貸し出するといったようなものもあるんです


小川:なるほどですね。

kintone(キントーン)

じゃ、それぞれちょっと、どういう料金体系ですか?

まず、月額制のやつとかだといくらになりますか? 

根津氏:月額制のものだと、今一番安い お安い 良くて高機能のものですと

kintone(キントーン)

年額で30,000円ぐらい

小川:年額で30,000円

根津氏:はい。ですので 

kintone(キントーン)

小川:それはこのワコムのこれも付いてる? 

kintone(キントーン)

根津氏:これのボードがですね、大体20,000円から25,000円ぐらいです


小川:年間で
 ?


根津氏:これはもうパートナーさん、

kintone(キントーン)

どこから買うかによるんですけれども  買い取りです

kintone(キントーン)

小川:これは買い切りですね。ってことは、

kintone(キントーン)

バインダー自体は1回買い切りで2,5000円から30,000円ぐらいで、

kintone(キントーン)

このonboardのシステムと連携のコネクターが月額で、一番安いので

kintone(キントーン)

年間30,000円ぐらいですか? 

根津氏:そうですね。ライセンス、

kintone(キントーン)

onboardのライセンスが30,000円。

kintone(キントーン)

kintone使いたいなっていう場合は、これはオープンプライスになっていて

我々の代理店さんからご購入いただく形になると思いますね。

kintone(キントーン)

人数はただし、無制限になります

kintone(キントーン)

小川:そうすると、いくらぐらいなんですか? 

kintone(キントーン)

※動画機器の不調でkintoneと連携する場合の費用は動画の最後に再撮影しています。

 

小川:なるほどですね。

kintone(キントーン)

そうすると、建設会社の事例でいうと

kintone(キントーン)

現場に多分1個あれば十分だと思うんですね 

根津氏:十分ですね 

小川:これをじゃあ5現場ぐらい並行して動いてますってなった場合は

kintone(キントーン)

これを5個分契約するっていう感じですか? 


根津氏:そうですね。5個か
kintone(キントーン)

お1人の方が、現場監督が2、3か所回られるんであれば

小川:それだったら1個でいいんですね? 

根津氏:2台とか1台でいいんじゃないかなと思います 

小川:例えば並行して
kintone(キントーン)

1人1現場っていう想定をした時には、5現場分必要ですよね? 

根津氏:そうですよね 

小川:5個分必要だった場合は単純計算で、まずこのonboard

kintone(キントーン)

年間 これは5ライセンス分必要なんですか? 

根津氏:5ライセンス分必要です 

 

小川:なるほどですね。わかりました 

kintone(キントーン)

根津氏:こっちはもう全然 

小川:こっちはもう、1回きりですね? 


根津氏:1回きりです 

小川:はい。なるほど 

kintone(キントーン)

根津氏:それをこう買っていただいて、使い続けていくと 

小川:なるほどですね。かしこまりました 

kintone(キントーン)

根津氏:年額みたいな感じで 

小川:年額ですね 

kintone(キントーン)

根津氏:はい。お互い年額、月額両方できるような 

小川:両方できるような 

根津氏:基本は年額ですね、両方。お客さん多いのは。支払い面倒なので 

kintone(キントーン)
小川:はい。かしこまりました
 

根津氏:はい 

 

 

まとめ

小川:じゃあちょっと、ということで

kintone(キントーン)

非常にですね 現場仕事の多い 特に紙から脱却できない業界ですよね。

kintone(キントーン)

介護業界のケアマネさんとか

kintone(キントーン)

建設現場のKY日報とかですね。そういった業界、どうしても紙脱却ができない場合は
こういったものを使ってデータへとりあえず放り投げて、そこからなるべくバックオフィスの部分で
データ化していくとか、連携していくみたいな活用の仕方があるんじゃないかなと思ったので。

kintone(キントーン)

結構面白い事例で。これいつリリースしたんですか? この連携? 


kintone(キントーン)

根津氏:これはですね、2年ぐらい前に

小川:2年ぐらい前なんですね。知らなかったです 


根津氏:口コミで伝わって

kintone(キントーン)

今500社近くご利用いただいてるものですから

小川:へー、知らなかった 

根津氏:我々営業もいないので、それでお客さんが探してきて 

小川:なるほど。これはね

kintone(キントーン)

ちょっと使い道がすごくクリティカルにあるんじゃないかなと思いますので、

kintone(キントーン)
興味ある方はぜひ、お問い合わせください。

kintone(キントーン)
ということで、ありがとうございました 


根津氏:はい。どうもありがとうございます 

kintone(キントーン)
小川:ありがとうございます。バイバイーイ
 

追記:価格と問い合わせについて

 

kintone(キントーン)

小川:はい。すいません。さっきのところで、

値段のところをちょっと確認したんですけど

kintone(キントーン)

まだ価格は正確に出せないらしくて。一応onboard連携に関しては じゃあ、今はまだ価格は 


根津氏:そうなんです。ただし特典がありまして。

kintone(キントーン)

ペパコミさんからご購入いただくと、お得にお買い上げいただけるかなと 

小川:ということですね。ありがとうございます。あとはこれはもう、

kintone(キントーン)

直接(onboardさんに)問い合わせじゃなくて 

根津氏:そうなんですよ。ちょっとですね、なかなかうちに直接来ると

kintone(キントーン)

回答まで時間かかってしまうので

kintone(キントーン)

ぜひペパコミさんですとか、パートナーさんから 

小川:ということをですね。

kintone(キントーン)

すごく殺到してるらしくて、(onboardさんで)対応は直接できないらしいので。

もしこういったこと、導入希望でしたら

kintone(キントーン)

弊社の方にお問い合わせいただければ 

kintone(キントーン)

根津氏:ぜひよろしくお願いします 

小川:と思いますので、よろしくお願いいたします。すみません。ありがとうございます 

根津氏:ありがとうございます 

小川:よろしくお願いします 

根津氏:失礼します 

小川:OK。ありがとうございます 

根津氏:いえ、とんでもないです 

小川氏:これは面白いな 

 

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーでCYBOZU AWARD2022受賞企業のペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら

kintoneプラグインリストプレゼント

kintoneプラグイン名・メーカー・概要・価格をスプレッドシートにまとめました。

無料ですので、下記よりお受け取り下さい。

プラグインリストを受け取る
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる