サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 株式会社vividです!

 

ペパコミを運営しているkintoneコンサル会社のvividです!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容を書いていこうと思います。

まず、初めにご紹介する取材内容は・・・

「ドキュトーンへ取材!kintoneからExcel・Word出力できる神プラグイン」!

株式会社オプロさんが制作したkintoneの神プラグイン、ドキュトーンをご紹介します。

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社である株式会社vividが運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

 

オプロのドキュトーン

株式会社vividのお客様で最も入っているプラグインがこの「ドキュトーン」です。

ドキュトーンはExcelやWordで出力することができるプラグインで、メチャクチャ安いのにメチャクチャ良い機能を持っています。

それでは、早速取材した内容に入りましょう!

機能1:kintoneを使ってExcelとWord出力が可能

ドキュトーンでは、kintoneを使ってExcelとWordの出力をすることができます。

お手元に既にあるExcel・Wordをアップロードする形になっているので、好きな形で出力することが可能です!

実際にドキュトーンで出力する方法

1.kintoneにデータが入ってます。ここにプラグインでボタンが出せるのでこのボタンを押す。

 

2.このボタンを押すと、ダウンロードがされるので開くと会社名や甲の部分などがkintoneのデータが差し込まれて出てきます。(例は業務委託契約書になっています)

 

 

例では、会社名が帝国株式会社になっています(見えにくくてすいません)が、この名前がkintoneのデータから持ってきているということなんです。

なぜ、ボタンを押すだけで会社名などが表示されるのか?

それは、kintone側のここに入れたデータをWordの会社名の箇所に表示しなさいという設定を行なっているからです。

そのため、kintoneに入れた情報がボタンを押してドキュトーンを起動するとそのまま表示されるようになっています。

これは、Excelでも同様にできます。

基本的には今ある帳票をドキュトーンに読み込んでその上に当てはめていくというイメージです。

機能2:メール添付機能

ドキュトーンには、メール添付機能が標準でついています。

そのため、ただ出力するだけではなくて、メールに添付して送信することも可能です!

ドキュトーンの設定の管理アプリの操作指示で、通常はExcelやWordに指示するんですが、メールというもう1つの項目があります。

メールのところから宛先はフィールドで指定することができます。

メール本文もkintoneから読み込んでテンプレート化することが可能です。

メール送信方法

1.「メール送信」ボタンをクリック

以上でメールの送信は完了です!

メールにはドキュトーンで設定したExcelやWordが添付されます。

※注意点

メール本文を登録しておくことはできますが、固定値になってしまうので取引先の名前などが差し込めなくなってしまいます。

なので、文字列フィールドを使って初期値を使って固定して運用するのがオススメ!

まとめ

 

今回は株式会社オプロさんの神プラグイン、ドキュトーンについてご紹介しました。

ここまでドキュトーンのご紹介をしてきましたが、肝心の料金は、1ID:980円です。

最低5ユーザーの年間契約になるので、4.900/月〜といった感じになります。

無料トライアルが1ヶ月ありますので、まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか?

Excel・Wordが出せて汎用性がすごく高いのでオススメです!

 

ドキュトーンのサイトはこちら

株式会社オプロ様のサイトはこちら