スマレジとkintoneを連携して売上管理をしてみた!【動画】

サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナーの

kintoneコンサル会社 ペパコミ株式会社です!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日のkintone活用事例は・・

「スマレジと連携してkintoneで顧客管理・予約管理・売上管理をしちゃおう~」!

店舗系のレジシステムで有名なスマレジとkintoneは連携することが出来ます。

今回は整体院を例にkintoneで顧客・予約管理しながらスマレジとkintoneを連携して売上管理までお見せします!

それでは早速問題定義へいきましょ~!

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています。

 

目次

問題定義

 

黒インコ:あ~うちの店の顧客管理どうしようかな~

白インコ:なんや?どないしたん?

黒インコ:そろそろ顧客管理ちゃんとしたくてな
・お客さんが過去どのくらい来店してくれているか
・前回訪問した時の施術内容
・予約管理
・売上管理

黒インコ:このあたりを一元管理したいな~と思ってな!

白インコ:売上管理はレジを使うんやろ?

黒インコ:レジは初期費用掛かるから気軽に使えるスマレジを導入してるんよ、できればスマレジを連携して売上管理できるといいんやけどな~

白インコ:ピコーン!それできるで!

白インコ:kintoneなら顧客管理・予約管理はモチロンのこと、スマレジと連携できるから売上管理まで一元化できるで!

黒インコ:ほんま?早速頼むで!

白インコ:まかせとき!いくで~

この子らがいったようにkintoneとスマレジ連携をして実際に整体院を例に活用事例をお見せします!

早速デモ画面をみていきましょー!

 

スマレジとkintoneを連携しよう

 

まずはデモの流れから簡単に紹介します。

①顧客マスタの使い方

②予約管理のやり方

③施術時の登録

④スマレジと連携して売上反映

⑤全データの集計・反映イメージ

 

①顧客マスタの使い方

 

まずは顧客登録の画面をお見せします。

ここは簡単なのでサラッといきます。

新規顧客の場合は顧客マスタへ登録をします。

顧客マスタの使い方

 

②予約管理のやり方

 

続いて予約管理をお見せします。

予約が入った時にはkintoneのカレンダー機能を使います。

予約が入った日を選択して名前を入力。

予約管理2

するとカレンダー上に誰の予約か分かるようになります。

予約管理

 

③施術時の登録

 

実際に予約日になったらカレンダーからアクセスをして具体的な施術内容を入力します。

ここに入力をすると顧客マスタに過去施術内容が反映します。

 

では顧客マスタを見てみましょう。

名前がリンクになっているのでクリックすると顧客マスタへ飛びます。

施術時

すると顧客マスタの中の過去利用履歴に施術内容が表示されます。

施術管理2

これで前回はどんな施術をしたか?過去来院履歴などが全部管理できます。

 

④スマレジと連携して売上反映

 

では続いてスマレジ連携です。

実は先ほどの施術登録時に売上の入力も可能ですがせっかくスマレジで売上入力されるのでそのデータを使いたいですよね。

その場合はスマレジ連携プラグインを使います。

スマレジと連携

すると売上管理アプリに自動で反映。

このように顧客コードと売上が自動で反映されます。

スマレジ自動反映

スマレジで売上が計上される度に自動でkintoneへ連動して登録されます。

 

⑤全データの集計・反映イメージ

 

では改めて顧客アプリを見てみましょう。

先ほどは過去施術内容だけをお見せしましたが、スマレジ連携されている売上管理アプリのデータも反映するようにしています。

管理アプリデータ

するとこの顧客が過去どのくらい売上に貢献してくれているかが分かるようになります。

もちろんkintoneの機能でグラフ分析もできますので、顧客単価施術別の売上高担当者別の売上高など見たい項目別でグラフで分析することができるようになります。

入力は最小限にも関わらず幅広くデータ蓄積が可能になりますので是非お試し下さい!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

極力入力項目を最小限にすることがシステム運用する上で大切です。

今回紹介した事例は入力の手間が最小限且つ効率的に予約管理が出来るだけでなく数字分析も見える化になります。

kintoneでスマレジ連携するメリットは大きく3つ。

1.顧客管理・予約管理が簡単になり共有化まで出来るようになる

2.スマレジ連携することで顧客単位の売上も自動集計できる

3.蓄積データから様々な角度で集計・分析することが出来るようになる

スマレジ連携メリット

コストと労力を極力かけずにkintoneで一元管理ができるようになりますので是非試してみて下さい!

ということで今回使うプラグインは・・

ノベルワークスのスマレジ連携プラグインです~!

このプラグインはなんと無料で提供されています!

これからもkintoneの役立つ情報を発信していきますのでチャンネル登録をお待ちしております!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い!

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
ペパコミ株式会社 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる