サイボウズoffice!kintoneの苦手なスケジュール管理ソフト【動画】

kintone構築会社のペパコミです!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容を書いていこうと思います。

今回の取材内容は、、、

「サイボウズofficeの紹介!kintoneの弱いスケジュール管理を補うソフト」!


ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

 

目次

サイボウズoffice

 

kintone自体サイボウズが提供しているのですが、それとは別のプロダクトでサイボウズofficeを提供しています。

では、サイボウズofficeでどのようなことができるのかご紹介していきます!

サイボウズofficeは、アプリケーションが15種類入っており、契約時点ですぐ使用することができます。

サイボウズofficeすぐ使える

kintoneのように最初は何もない状態からではなく、サイボウズofficeはある程度作られたか状態であるということです。

サイボウズoffice特徴

15種類のアプリの中で1番使われているのがスケジュール共有で、9割以上のお客様が使用しています。

スケジュール共有では、個人予定の管理はもちろん、一緒に働く人のスケジュールを閲覧する、施設の予約をすることが可能です。

スケジュール共有

スケジュール管理だとGoogleカレンダーが挙がってきますが、Googleカレンダーとの違いはサイボウズofficeと連携ができるようになっていて、アドレス帳と連携してお客様の情報をスケジュールに読み込めるようになっている点です。

スケジュール以外にもアドレス帳ができたり、報告書を使って会議の内容を入力してスケジュールに紐づけることができます。

スケジュール紐付け

サイボウズofficeの料金はスタンダードが1ユーザー500円/月、プレミアムが1ユーザー800円/月となっていますので、kintoneより安く、とりあえず始めたい時には便利です。

 

まとめ

 

サイボウズofficeはkintoneと異なり、ある程度パッケージ化されているので取っ掛かり安く、初めて導入した企業が半分ぐらいいます。

サイボウズoffice利用率

60歳以上が約70%もいるのでどれだけ扱いやすいかがわかりますね。

kintoneは難しそうと考えている方でもサイボウズofficeは予め機能が備わっていますので簡単に利用ができます。

是非導入をご検討ください。

 

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
株式会社vivid 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる