トヨクモkMailer・データコレクトを取材してきた【動画】

ペパコミを運営しているkintoneコンサル会社のペパコミです!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の文字起こしVerとなっております。

今日は、先日開催されたCybozu Days2020で出展していた企業さんに取材した内容を書いていこうと思います。

 

今回の取材内容は、、、

「トヨクモに取材!kMailer・データコレクトのご紹介!」!

ちなみにこの記事はkintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミ株式会社が運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで、kintoneに関する情報を幅広く発信しております。

youtubeでも分かりやすく発信していますのでチャンネル登録お待ちしています!

 

目次

トヨクモのkintoneプラグイン「kMailer」

 

レコードの中に請求書やお客様名、メールアドレス等が保存・管理しているアプリに対してkMailerのメール設定が可能になります。

お客様にプリントクリエイターで生成した請求書をメール送付したい場合に、kMailerで作成してメールテンプレートを起動します。

二重かっこで囲われているのがkintoneのフィールド情報になります。

kMailerデモ

実際にメール送信の際は、会社名や名前、請求書をダウンロードするためのURLがお客様へ送信されます。

kMailerダウンロード

また、kMailerは自動送信の機能があるので

 

レコード追加されたタイミングや

プロセス管理でステータスが更新されたタイミング

都度メール送信が可能です。

 

例えば、未契約から契約済みになったタイミングで1年分の請求書を送るなど予めkMailer側で設定することができます。

 

またメール送信後にレコードを編集して、未対応から対応済みにkintoneのフィールド変更も可能です。

kMailerと似たものでメールワイズがありますが、kMailerはメールワイズにも対応していないフィールドにも対応しています。

さらに容量の制限がない点でメールワイズよりも優れています。

kMailer比較

 

トヨクモのkintoneプラグイン「データコレクト」

 

続いてご紹介するのがデータコレクトです。

データコレクトは、複数アプリから情報を参照して計算することができるプラグインです。

データコレクト

データコレクトを入れていない場合は、カスタマイズか自力登録が必要になりますが、データコレクトなら予め計算式を立て、当月実績集計に対して計算式を設定します。

以下の画像が予算を管理しているアプリの画面です。

データコレクト年月コード

実績アプリと予算アプリ両方に年月コードが入っています。

当月の実績集計を実績アプリから集計したいので、データコレクト上で当月の実績集計部分に計算式を設定します。

今回はSUMIF関数になります。

SUMIF関数は、実績アプリの年月コードと予算アプリの年月コードが一致したら実績アプリの税込受注金額を合計するという式です。

sumif関数

SUMIF関数は以外にもROUND関数やIF関数、COUNT関数なども対応しています。

データコレクトするボタンをクリックすると「処理が正常に完了しました」と出るので、当月の実績集計が計算されます。

当月実績集計

日時毎に集計したり、毎週月曜日に集計したりと定期的なスケジュールで集計が可能です。

また、在庫引き当てなどもできます。

在庫アプリと受注アプリを用意して、受注アプリでレコードが編集されたタイミングで増減もしてくれることができるようになります。

データコレクトの料金は、若干高いですが、

 

ライトコースが月額10,000円

スタンダードコースが月額25,000円

プレミアムコースが月額50,000円です。

データコレクト料金

手動で集計するならライトコース、

定期的なスケジュール実行がしたいならスタンダードコース、

レコードが追加されたタイミングで自動集計をしたいならプレミアムコースがオススメです。

 

トヨクモ株式会社取締役トッティーさん

 

トヨクモ株式会社の取締役であるトッティーこと田里さんにお越しいただきました。

トッティーさん登場

トヨクモさんの今後の展望をお話していただきました。

トヨクモは現在安否確認サービスとkintone連携サービスの2本柱なのですが、3本目の柱を作っていくとのこと。

また、kintone連携サービスをもっと便利に自動か、ノーコード・ローコード、開発しなくても何もしなくてもいいようによりクリエイティブな業務に専念できる環境を作っていきたいそうです。

トッティーさん

また、kintone導入に迷われている方にもお話してくださいました。

トッティ

kintoneはすぐ変えることができるというのが良いところです。

なので、失敗が許されます。

これまでのシステム構築は1回数百万・数千万円の世界でしたが、これからは1,500円(kintone1ユーザーの料金)ですぐ作ってすぐ壊せるというのがPDCAを細かく回せるという意味では激動の世の中にkintoneはフィットしていきやすい

 

まとめ

 

今回はトヨクモ株式会社のkintoneプラグインをご紹介しました。

トッティーさんが語っていたようにたった1,500円からシステム構築ができることや、プラグインには無料トライアルがあるのでまずは試してみてからご検討ください。

 

トヨクモ株式会社の公式サイトはこちら

データコレクトはこちら

kMailerはこちら

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
株式会社vivid 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる