kintone(キントーン)はCRM(顧客管理)に使える?導入事例やメリットを紹介

「kintoneでCRM(顧客管理)を効率化する方法は?」
「kintoneでCRM(顧客管理)を効率化できるの?」
顧客管理を実施したい人は、このような疑問が浮かぶでしょう。

kintone(キントーン)を活用すれば、効率的に顧客管理を進めることができます。
この記事では、次の内容を解説します。

  • kintone(キントーン)とは?
  • CRMとは?SFAとの違いも
  • kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)に活用できる理由
  • kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するメリット・デメリット
  • kintone(キントーン)導入事例

kintone(キントーン)の導入を検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

目次

kintone(キントーン)とは?

kintone(キントーン)とは、サイボウズ社がサービスを提供しているクラウドサービスです。自社に必要な業務システムをカスタマイズしたアプリを作ることができます。
kintone(キントーン)のメリットは、次のとおりです。

  • バラバラな情報がkintone(キントーン)に集約できる
  • 情報やタスクの見える化で業務を効率化できる
  • チームで情報を共有できる
  • 外出先でも情報を共有できる

これまで複数のツールを活用している場合、kintone(キントーン)を活用すればさまざまな情報を一元化することができます。kintone(キントーン)は外出先でも利用できるのもうれしいポイントです。

CRMとは?SFAとの違いも

CRMとは「Customer Relationship Management」の略語で、日本語で「顧客管理」という意味です。顧客とのコミュニケーションや顧客の情報を管理し、管理した情報をもとにサポートやマネジメントを実施します。CRMは、顧客との関係を良好に維持するために実施します。

一方、SFAは「Sales Force Automation」の略語で、日本語だと営業支援システムという意味です。商談が開始してから受注までの進捗状況を管理し、効率的に営業活動を管理します。
CRM(顧客管理)とSFA(営業管理)との違いは、担当する業務の範囲です。SFA(営業管理)は、商談から受注までの業務を担当しますが、CRM(顧客管理)は受注してからの顧客とのコミュニケーションの業務を担当します。

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)に活用できる理由

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)に活用できる理由は、次のとおりです。

  • 顧客情報の管理ができる
  • 既存顧客のアフターメンテ管理機能が利用できる
  • 顧客サービスやサポートの生産性を向上させる機能がある
  • メール連携機能がある

それぞれを解説していきます。

顧客情報の管理ができる

kintone(キントーン)は、顧客の情報をkintone(キントーン)に集約し、チームで共有することができます。これまで複数のツールを使って管理していた場合は、効率性がアップするでしょう。
また、取引先の過去の情報や、過去の取引先の情報が必要なときに検索すればすぐにアクセスすることができます。引継ぎの際は過去の情報を参考にすることもあると思いますが、kintone(キントーン)を活用していればスムーズに進むでしょう。
また、更新履歴が自動的に残るので、どこが更新されたかを確認することができます。確認漏れや二重チェックを防ぐことができるでしょう。

既存顧客のアフターメンテ管理機能が利用できる

kintone(キントーン)は、顧客のアフターメンテ管理にも役立ちます。

顧客が使用している商材のなかで、定期的なメンテナンスが必要なものを通知してくれるのです。メンテナンス予定をリマインドでお知らせしてくれ、対応予定時期を盛り込むことができるので、対応漏れを防ぐことができます。

顧客サービスやサポートの生産性を向上させる機能がある

顧客との関係を良好に保つためには、問合せに対してすぐに対応することが重要です。kintone(キントーン)を活用すれば、顧客からの問合せに迅速に対応できます。
kintone(キントーン)には、ワークフロー機能やタスク機能があります。ワークフロー機能では、誰がどの顧客と対応しているのか、また次の担当は誰なのかなどを一目で確認できます。対応ステータスを可視化することで、顧客対応の効率化を実現できるでしょう。
タスク管理機能では、自分のタスク管理以外にもチームのメンバーのタスクを共有することができます。誰がどのタスクを抱えているかがわかるので、チームの効率性をアップさせることができるでしょう。

メール連携機能がある

kintone(キントーン)とサイボウズ社のメールワイズと連携すれば、kintone(キントーン)のアプリで管理しているメールアドレスを使ってメールの作成や送信ができます。
メールワイズとは、顧客とのメールを一元化してチームで共有するためのツールです。月額500円で利用することができます(スタンダードコースの契約が必要)。
kintone(キントーン)と連携していないメールツールを利用する場合、どの顧客に何のメールを送信したのかを確認する手間がかかります。また、たくさんの顧客リストの中から必要な情報を選んだり、文面を作成したりするのに手間がかかることもあるでしょう。

kintone(キントーン)なら、顧客情報ごとにメールの履歴を紐づけて参照することができるので、効率的にメールを管理することができます。
また、メールの中から対象の顧客だけをピックアップし、メールの作成と送信をすることも可能です。

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するメリット・デメリット

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するメリット・デメリットを解説します。

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するメリット

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するメリットは、次のとおりです。

  • プログラミングのスキルがなくても手軽にカスタマイズできる
  • リーズナブルな価格で利用できる

プログラミングのスキルがなくても手軽に利用できる

kintone(キントーン)は、誰でも簡単に自社に必要な機能を備えたアプリを作成できます。アプリの作成は視覚的にわかりやすい仕様になっているので、プログラミングのスキルがない人でも利用することができます。

ただし、kintone(キントーン)の標準機能以外の機能を活用して細かくカスタマイズしたい場合は、プログラミングの知識や経験がないと難しく感じられるかもしれません。そのため、外部にカスタマイズを依頼するのが良いでしょう。

リーズナブルな価格で利用できる

kintone(キントーン)は、低コストで利用できます。kintone(キントーン)にはスタンダードコースとライトコースがあり、それぞれの価格や概要を下記の表にまとめました。

スタンダードコース ライトコース
価格 月額1,500円(年間17,640円) 月額780円(年額9,170円)
外部サービスとの連携・プラグイン・拡張機能 ×
アプリ数 1,000個まで 200個まで
ゲストユーザー価格 月額1,200円(年額14,110円) 月額580円(年額6,820円)
ゲストスペース数 500個まで 100個まで

価格は、1ユーザーあたりの価格です。どれくらいの価格で利用できるか詳しく知りたい場合は、下記のページから見積もりを依頼しましょう。

kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するデメリット

一方、kintone(キントーン)をCRM(顧客管理)で活用するデメリットもあります。

  • 拡張機能を利用する場合はコストがかかる
  • 管理が大変になる場合がある

それぞれを確認していきましょう。

拡張機能を利用する場合はコストがかかる

kintone(キントーン)には拡張機能があり、利用すると別途費用がかかります。拡張機能には、帳票出力やカレンダー、Webフォーム作成などがあります。また、電子契約サービスやファイル管理サービスなどの外部サービスと連携する場合や、業種業務に特化した専用アプリを使う場合にも、別途費用が必要です。
しかし、拡張機能を利用すれば利便性の向上に役立つので、必要に応じて拡張機能の利用を検討するのが良いでしょう。

管理が大変になる場合がある

kintone(キントーン)は自社に必要なアプリを手軽に作成できるのがメリットです。しかし、アプリをどんどん増やしてしまうと管理が大変になってしまうことも。
アプリを使う順番に並べ替えることができないため、必要なアプリがどこにあるのか探す手間がかかってしまうかもしれません。アプリ名に番号をつけたり、kintone(キントーン)の入口にあたるポータル画面を工夫したりすることで必要なアプリへアクセスの利便性を高めることは可能です。やりやすいやり方を探してみると良いでしょう。

kintone(キントーン)導入事例

最後に、kintone(キントーン)導入事例を紹介します。

  • 飲食店を全国にチェーン展開するK社の導入事例
  • 後払い決済事業を展開するN社の導入事例

飲食店を全国にチェーン展開するK社の導入事例

飲食店を全国にチェーン展開するK社の導入事例を紹介します。

これまでは、代表メールに届いたメールをそれぞれの担当部署が確認してはいるものの、それぞれが自主的に動くため、誰が確認し対応するかが不明確でした。そのため、対応漏れが生じるリスクがありました。
kintone(キントーン)を導入してからは、メールワイズを活用して担当部署の振り分けをすることで、誰が担当するのかが明確になりました。結果的に受信メールの約90%を1営業日以内に対応できるようになりました。

後払い決済事業を展開するN社の導入事例

続いては、後払い決済事業を展開するN社の導入事例を見ていきましょう。
kintone(キントーン)を導入する前は、月間8,000件を超えるお問い合わせの情報を一元管理できておらず、メールに対して迅速な対応ができていませんでした。
kintone(キントーン)を導入してからは、問合せに必要な情報を一元管理することで、問合せに対してスムーズに対応できています。

まとめ

kintone(キントーン)なら自社に必要な機能を備えたアプリを簡単に作成することができるので、顧客管理を効率的に進められます。
kintone(キントーン)では顧客情報の管理ができたり、既存顧客のアフターメンテ管理機能が利用できたりと、顧客管理に必要な機能が備わっています。また、顧客サービスやサポートの生産性を向上させる機能があるので、既存顧客の満足度を上げる取組にも役立てられるのです。
また、メール連携機能を活用すれば、顧客への対応がスピーディーに実施できるようになるでしょう。

顧客管理をスムーズにしたい企業は、kintone(キントーン)を活用してみてはいかがでしょうか。
ぺパコミ株式会社は、サイボウズ社のオフィシャルパートナーです。いつでもお気軽にご相談ください。

実際にCRMの構築方法を解説した記事はこちらをご覧ください。

【関連記事】
CRMを効率的に実施するならkintone(キントーン)がおすすめ!

顧客管理以外にもkintoneでできることを知りたい方は下記の記事をご覧ください。
kintone(キントーン)でできることとは?企業の業務改善のために特徴や機能をわかりやすく解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる