kintone構築で使うExcel関数を紹介!~ペパコミ新人の日記~

こんにちは!

kintoneパートナー会社ペパコミ新人の藤本です!

 

ここ最近、kintone構築で1日が一瞬で過ぎます!

そんな藤本、以前kintone構築研修を受けている時

あまりにもExcelへの知識がなくその日から少しずつ

エクセル関数を勉強しています!

 

そんな今日は私のようにこれからどんどんkintoneでも

Excel関数を使っていきたいと思っている

kintone構築中の方へ

『kintoneで使えるExcel関数』

ご紹介していきます!!

 

目次

kintoneで使える演算子(記号)は?

そもそも、関数で使える記号を演算子と呼ぶのですが

kintone構築で使える演算子はこちらです!

 

  • +』→数値の足し算を行う。
  • 』→数値の引き算を行う。フィールドの値の正負を変換する目的にも使用できる。
  • *』→数値の掛け算を行う。
  • /』→数値の割り算を行う
  • ^』→数値のべき算を行う。-100乗から100乗まで計算できる。
  • &』→文字列または数値を結合する。
  • =』→文字列または数値の値が等しければ真、等しくなければ偽を返す。
  • !=』→「=」の比較結果を反転させたものになる
  • <>』→!=と同様の結果になる。
  • <』→左の値が右の値より小さければ真、右の値以上であれば偽を返す。
  • <=』→左の値が右の値以下であれば真、右の値より大きければ偽を返す
  • >』→左の値が右の値より大きければ真、右の値以下であれば偽を返す
  • >=』→の値が右の値以上であれば真、右の値より小さければ偽を返す

 

中でも現在は

『+』『-』『*』『/』『&』をkintoneの自動計算でよく利用します!

 

関数や演算子を使うと、請求書の金額を自動で計算してくれたり

条件付けをしてその条件にあてはまるものを

自動でkintoneが判断し計算してくれるので

とっても便利でその計算式が正常に動いたときは感動します☆

 

さて!

それでは、次に問題の関数を私自身の復習もかねてご紹介します!

 

kintoneで使える関数を一挙ご紹介!

kintoneフィールドの自動計算で使える関数をご紹介します!

 

これを使いこなせるように私も日々勉強中….!

 

  • SUM』→数値の足し算を行う。(例)SUM(数値1, 数値2, 数値3, ・・・)    「+」演算子と同等のことができるほか、テーブル内にあるフィールドの値の和を計算できる。
  • YEN』→計算結果を3桁区切りの「¥(円)」形式で表示する。また、指定した桁数で数値を四捨五入する。     (例)YEN(数値, 四捨五入の桁数)
  • DATE_FORMAT』→日時の形式やタイムゾーンを変更する。(例)DATE_FORMAT(フィールドA, “HH時mm分”, “Etc/GMT”)
  • IF』→件を指定し、その条件の真偽によって異なった値を返す。
  • AND』→計算式で指定した条件が全て真となる時は真を返し、そうでなければ偽を返す。
  • OR』→計算式で指定した条件のいずれかが真となる時は真を返し、そうでなければ偽を返す。
  • NOT』→条件を反転させる
  • ROUND』→数値を四捨五入する
  • ROUNDDOWN』→数値を切り捨てる
  • ROUNDUP』→数値を切り上げる
  • CONTAINS』→指定したフィールドが条件(選択肢)と一致しているか、またはテーブル内に条件(検索文字列)と一致する行があるかどうかを判定する

 

赤文字がよく利用している関数です!

こう見ると、ま、まだまだ使えてない関数沢山ある….!!

 

まだまだ勉強できること沢山だなあと

紹介しながら実感してます(笑)!!

 

脳へ新しいことを入れるたびに

電気が走るように刺激されてます!頑張るぞ~

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる