2020年10月6日、首都圏を中心に全国の鉄道・バスで使えるICカードPASMOのアプリがついにリリースされました。

 

「待ってました!」
「さっそく使ってみよう!」

 

たくさんの人が期待に胸を躍らせてPASMOのアプリをダウンロードしました。

 

ところが…

 

「通学定期券が使えない」
「iphone7に対応していない」
「詳細情報と事実が異なる」

 

といった、使いものにならない系の低評価レビューが相次ぎ、リリースから約1週間が経過した時点での評価は5段階中2.9。(AppStore 2020.10.16時点)

 

478件のレビューのうち、なんと約半数が最低の★1をつけるという散々な結果でした。

 

 

と書き込む人さえ現れました。

でも、これっておかしいと思いませんか…?

 

PASMOは公共の交通機関で使われるものです。アプリを開発する際にPASMOユーザーの利用状況やニーズを慎重に調査したうえで作ったはずです。

 

アプリ導入を支援する企業やコンサルタントだって関わっていたはずです。

 

それなのに…

 

 

あなたもこれからキントーンを使って現場に業務アプリを導入しようとお考えなら、この謎についてしっかりと理解しておく必要があります。

 

PASMOほどの有名な会社が満を持してリリースしたアプリでさえ、このような結果になるのです。

 

せっかくキントーンを導入しても

 

「こんなの使えない!」

 

となってしまうかもしれません。

 

もしあなたが今、キントーンの導入を支援してくれる業者やコンサルタントを検討していて

 

「たくさんありすぎてどこが良いかわからない」
「何を見て選んだらいいかわからない」
「とりあえず安いところにしようかな…」

 

と悩んでいるところでしたら
3分ほどお時間を取って
このまま読み進めてみてください。

 

キントーン導入失敗のよくあるパターン

 

を3つお伝えしますので
これだけは絶対にやらないように
お気をつけください。

 

こんにちは、株式会社vivid
代表取締役の小川です。

 

私はこれまで零細企業から上場企業まで
実に様々なタイプの会社でkintoneを使った
案件管理や進捗管理、工程管理などの
業務アプリ導入をご支援してきました。

 

その中で、キントーンの導入に
苦戦してしまう会社には
“ある共通点”があることがわかってきたのです。

 

 

 

キントーンの導入支援でお話を伺う際、経営陣や管理者の方だけでなく、実際にキントーンを使って情報を入力することになる現場の方に同席して頂くことがあるのですが、その場でケンカになってしまう場面が度々ありました

 

 

経営陣が業務全体の効率化を考えている一方で、現場の方はアプリの操作性などの細かいところに目が行きがちです。現場の方の細かい注文に対して経営陣が

 

「そんな事はどうでもいいだろ!」

 

と、怒鳴ってしまったのです。

 

同じ社内の人間であっても、立場が違うと考えていることや視点も違うので、なかなか噛み合いません。

 

経営陣や管理者の都合を優先して導入を進めてしまうと、業務アプリの仕様に現場が合わせないといけなくなるので、業務アプリを日常的に使う人にとっては相当なストレスになり、反発を招いてしまうのです。

 

 

では、現場の声を反映させればそれで良いのかというと、そういうわけでもないんです。

仮に完璧と思える業務アプリが用意できたとしても、実際に導入してみると

 

「入力する項目が多くて面倒」
「入力しにくい」

 

といった意見が聞こえるようになり、情報がちゃんと入力されないという現象がよく起こります。

 

どんなに素晴らしいシステムも、情報をしっかり入力してもらわないと意味が無いのですが、実はここが一番難しいところだったりします。

 

操作性が良くないといけないのはもちろんですが、それ以上に入力してもらう情報が多すぎるとうまくいかないことが多いです。

 

必要な情報だからといって、いきなり全てを盛り込んでしまうと現場がついて来れないのです。

 

 

そしてもうひとつ、“盲点”とも言える落とし穴があります。

 

慣れ親しんだ仕事のやり方を捨て、キントーンを活用するという『新しい文化』を現場に定着させるのは並大抵のことではありません。

 

現場の人間が思うように使ってくれないと、導入担当者のモチベーションがどんどん低下して、途中で心が折れてしまうのです。

 

実際、導入担当者の方はだいぶ苦労されています…

 

このように、キントーンの導入は、ただ仕組みを作って終わりではありませ

 

業務フローそのものを見直し、改善を重ね、現場に浸透させていく中長期的な取り組みです。

 

導入担当者のモチベーションが下がってしまうと、最後までやりきることは困難です。

 

 

これまでキントーンを使った業務改善のご支援をしてきて分かったことは

 

「導入がカンタン」
「操作がシンプル」
「画面が見やすい」

 

といったアプリ自体の操作性の問題よりも

 

①現場の声が反映されていない
②最初から完璧を求めてしまう
③導入担当者のモチベーション低下

 

といった、関わる人や進め方に起因する問題でうまくいかないことの方が圧倒的に多いということです。

 

では、これらの失敗例に“共通するもの”は一体何でしょうか?

 

私はひとつの結論に至りました。

 

 

冒頭でご紹介したPASMOアプリの炎上は、一言で表してしまえば「利用者への配慮不足」です。

 

本当に利用者のニーズを捉えていなかったのか、予算の関係か、技術的な理由かはわかりませんが、いずれにせよ『期待を裏切るアプリ』というレッテルを貼られてしまったということは、利用者への配慮を怠り、利用者よりも提供側の都合を優先した結果です。

 

とはいえ、社内の人間だけでこの問題を解決するのは容易ではありません。

 

先ほどお伝えしたとおり、管理者と現場の方の話はかみ合わないことがほとんどですし、立場が違えば(特に現場の方は)遠慮もあって本当に思っていることが言葉として出てくるとは限りません。

 

そこで、株式会社vividでは、こういった導入の失敗を絶対に引き起こさないために、キントーンを使った業務改善のプロフェッショナルとして、第三者の立場で管理者と現場の間に入り、次のような取り組みでキントーンの導入をご支援しております。

 

 

これまでの傾向として、経営陣や管理者の方は最初から「あれもこれも」と機能を盛り込もうとされがちです。(検討しているうちに気持ちが盛り上がって話が大きくなってしまう)

 

しかし、経営陣や管理者の都合だけで導入を進めてしまうと、キントーンの仕様に現場が合わせないといけなくなるので、現場がついて来れない可能性が高くなります。

 

現場がキントーンを使ってくれなければ何も始まりません。

 

現場の生の声を取り入れ、プロの目線から冷静に判断して、実装すべき機能や入力項目を見極めていきます。

 

どんなに綿密に設計して作ったアプリでも、実際に使ってみると必ず想定外の問題が出てきます。

導入後に修正が入る前提で計画しておかないと、出てきた問題に対してすぐに対応ができません。

 

問題が解決されないと

 

我慢して使う or 使うのをやめる

 

の二択になってしまい、業務の改善が行き詰ってしまいます。

 

導入を成功させるためには

 

 

と考えるのが正しいです。

 

また、現場だけで見ると効率化されているようでも、管理者側の業務が非効率になったり、新しい作業が増えたりすることがあります。今使っている他のシステムやアプリとキントーンをどのように連携させるかも考えておかなければなりません

 

株式会社vividでは最初に一連の業務を整理し、キントーンを使ってどの業務をどのような段階を踏んで改善していくかを計画します。また、導入後の進め方についても予め計画におりこんでおくことで、導入後の問題にも対処できるようになります。

 

現場に浸透させるには、いきなり完璧を求めるのではなく

 

まずは

 

情報入力への抵抗感を無くすこと

 

を重視して『入力項目を最小限にする』ことが大切です。

 

入力の精度を高めたり、項目数を増やすのはそのあとです。

 

・最低限必要な情報は何なのか?
・どのような段階を踏んで、どのくらいの期間をかけて導入するのか?
・それを現場にどのように周知徹底するか?

 

このような『導入計画』を立てて、現場の方々がちゃんとついて来られるよう配慮して導入を進めていきます。

 

管理者や現場の方など、実際にアプリを使う人たちに向けて導入説明会を開催します。

 

これまでの経験上、社内の人間から説明を受けるよりも、社外の人間から説明を受けるほうが現場の方の意識が高まると感じています。

 

また、アプリを現場に浸透させるうえで特に効果的なのが『カスタマイズのデモンストレーション』です。

 

目の前で簡単にアプリのカスタマイズができるところを実演してお見せすると

 

 

と、みなさん驚かれます。

 

「このアプリを使えば業務が楽になりそう!」

 

とアプリ導入に期待してくださるので、ちゃんと使おうという気持ちになってくださいます。

 

株式会社vividでは、このように現場の方の意識づけに重きを置いて運用を立ち上げていきます。

 

繰り返しになりますが、キントーンで作った仕組みが合うかどうかは実際に使ってみないとわかりません

 

運用が始まったら、現場からフィードバックをもらって改善を重ねていくことになります。

 

「使いづらい」

 

というストレスが解消されないと、現場に浸透しづらくなってしまうため、改善はスピーディーに行う必要があります。

 

ただ、導入してから現場に浸透するまで何度も改善を加えることになります。そのたびに外注コストがかかるというのは問題です。

 

お金を払って外注するか、我慢して使うか

 

毎回このような判断を迫られるのは、キントーンを運用する形として望ましくありません。

 

そこで、株式会社vividでは「カスタマイズ勉強会」を開催して、貴社内でカスタマイズできるようにするキントーン担当者育成のご支援も合わせて行っています。

 

 

とにかく私が大切にしていることは

 

 

ということです。

 

PASMOアプリのように、導入直後は色々と問題が起こったり、現場からの厳しい意見も出てくるでしょう。

 

しかし、そうなることを前提に計画しておけば、何も恐れることはありません。

 

現場からのフィードバックのひとつひとつに淡々と対応していけばいいだけです。

 

そして、

 

 

これこそが、キントーン導入を成功させる最大の秘訣であると私は信じています。

 

キントーン導入を検討していく中で、色々とわからない事やご不安な点もあるかと存じます。

 

・どんな業務アプリを作ればいいのか?
・どのように現場からの声を吸い上げればいいのか?
・現場に浸透させるためにどんな取り組みが考えられるか?
・関連業務とうまく連携させるには?
・導入後、どのようにカスタマイズを行っていけばよいのか?
・現場が使ってくれなかったらどのように対処すればいいのか?

 

このような課題に対して、豊富な導入経験と事例を知っている専門家と一緒に取り組むことで、正しい判断ができるようになり、失敗するリスクを大きく下げることができます。

 

 

 

 

ここまで読んで下さった感謝の気持ちをこめて、キントーン導入の無料相談2時間をプレゼントさせていただきます。

 

この無料相談が終わった時には、貴社でキントーンをどのように構築し、導入すればいいのかが具体的にわかります

 

無料相談は次のような流れで最大2時間を予定しています。

 

2時間無料相談の進め方

Step1:要件の整理「kintoneで実現したいことはどんなことか?」
Step2:現状とのギャップを把握「本当はこうしたいけど、今はこうなっている」
Step3:優先順位付け
Step4:kintoneの導入イメージご説明

 

無料相談はzoomで行いますので、どちらからでもお受けになれます。

 

ご希望の場合は下記のボタンからお問い合わせフォームへ進み、必要事項をご入力のうえ送信してください。

 

※現在お問い合わせが増えており、お待たせしてしまうかもしれません。キントーンの導入をご検討でしたら、今すぐお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談はお気軽にこちらから

 

 

運営会社 株式会社vivid
設立日 2017年3月1日
所在地 神奈川県平塚市山下9-1
代表者 小川 喜句

・kintone認定アソシエイト取得
・サイボウズ 認定 SA-kintone資格取得
・サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナー