【デモ】マネーフォワード会計とkintone連携で出来るところを見せます​【動画】

kintone(キントーン)構築会社 ペパコミ株式会社です!

こちらの記事はkintone活用ちゃんねるというyoutubeチャンネルで公開している動画の

文字起こしVerとなっております。

どうも!kintone活用ちゃんねるのハルクです!

今日はマネーフォワードクラウドとkintone連携で出来ることについて

際にデモ画面を見せながらご紹介します!

kintone


前回動画でマネーフォワードクラウドで出来ることについて語りました!

まだ見てない方は先にそちらを見てからこの動画をご覧ください!

kintone

今回ご紹介する機能は大きく4つです

kintone

kintoneとマネーフォワード請求書と連携機

②入金消込連携

③顧客マスタ連携

④マネーフォワード連携機能活用にあたっての不便な点

ていうところのテーマでお話をしていきます!

 

それでは宣伝を挟んでからデモ画面にいきます!

このチャンネルは、

kintoneの構築・運用コンサル会社であるペパコミが運営しております。

kintoneを活用した事例や基本操作から応用操作まで

kintoneに関する情報を幅広く発信しておりますので

是非チャンネル登録をお待ちしています

それではデモ画面にいってみましょう!

 

はい!では画面動画でお見せします

お見せするのは4つですね!

kintoneとマネーフォワード請求書と連携機能

②入金消込連携

③顧客マスタ連携

④マネーフォワード連携機能活用にあたっての不便な点

全部で4つご説明します!​

目次

kintoneとマネーフォワード請求書と連携機能

まずは1個目ですね

kintoneとマネーフォワード請求書と連携機能​ についてです

先ほど お話ししたように せっかくですね

kintoneで請求書とか発行してるんだったら いちいちその情報をマネーフォワード請求書に

1個1個転記するって 面倒くさいっ!

面倒くさいと思うので ここを自動化するっていうのは

今回のkintoneとマネーフォワード連携で 出来ることになります!

で 今これ実際にkintoneのうちの請求書アプリになってます

kintone

また 前回同様 小川喜句っていうのを例にやって

今222円であげたんですが こういう風に請求書を作るわけですね

うちは請求書っていうのを kintone上の請求書を毎月作成されるようにしてるんですけど

これでkintoneに出来ましたと ここの情報をマネーフォワード請求書にも

自動でアップしたいってなるじゃないですか?

そうした時も これは簡単です!

ここにもう出来上がっているので

kintone

この「MFへ請求書登録」ってボタンを押してあげれば 登録されます!

もちろん1個1個のレコード単位じゃなくて まとめて一括も出来るんですけど

今回デモなんで1個だけやります じゃあ押しますね!

kintone

はい!これで完了しました!

完了すると・・・

kintone

はい!分かりますかね?

マネーフォワード請求書URLが 自動で発行されたんですよ!

自動で こんな感じで でこれを押してみますね!

kintone

はい!そうすると マネーフォワードで作られた請求書が見れますと

なので 請求書にリンク出来るって感じですね

ただ僕らが使うのは こっちじゃないと思うので また前回で使ったデモのところに戻ります

kintone

110円っていうのは 前回デモで使ったやつなんですが

今連携したので1個増えてるはずです 更新を押しますね!

kintone

はい!そうするとですね 244円

kintone

はい!222円の消費税 244円っていうのが 上がってますよね!

ということで これで もう自動で出来上がっているっていう感じになります!

で ここに出来上がったら

kintone

僕はここからメールってやると この小川喜句っていうマスタに登録してるメールアドレスに

そのまま請求書リンクでメールを送れますので 僕はいつもこれで請求書をメールで送って

請求書発行処理をしているって感じになります

②入金消込連携

はい!では続いて ②入金消込連携 っていうところのお話をしますが

これは前回動画でも説明したので 省略しますが

入金になった時は 預金連携して 請求単位で消込めるって言ったじゃないですか?

で そこで 消込みをしてあげると

kintone

ここが 未設定が入金済っていうのに自動で変わるんですね 請求書で

ここは入金済に変わると

kintone

ここのkintoneの方の入金ステータスっていうところの未設定が

入金済に変わるっていうところです!

今回ちょっとデモなので そこまで動かさないんですけれども

マネーフォワードとkintone連携出来ることを全部説明しました!

まずはkintoneで作った請求書をマネーフォワードで連携出来る

で マネーフォワードで入金消込みした情報を kintoneに戻すことが出来る

この2つがですね kintoneとマネーフォワード連携で出来ることになります!

③顧客マスタ連携

あとは3つ目は ③顧客マスタ連携 っていうことで

当然 連携させるためには顧客マスタを連動させなきゃいけないんですね!

​なので それも同じように kintoneの顧客マスタから

マネーフォワードの顧客マスタに連携が出来ます!

kintone

これが顧客マスタになりますが ここで「MFへ取引先登録」ってボタンを押してあげると

この情報がマネーフォワードでも連携するので kintoneとマネーフォワードが連携して

いろんな請求書発行とかが出来るっていう感じですね

kintone

ここにメールアドレス

今回デモなんで設定してないんですけど 担当者メールアドレスって設定しておいてあげると

さっきマネーフォワード請求書からメールが送れるって話をしたと思うんですけど

そのメールアドレスに飛ばすことが出来ますんで ここで設定しておいてあげると

あとあと楽かなと思います!

④マネーフォワード連携機能活用にあたっての不便な点

はい!では続いて4つ目

④マネーフォワード連携機能活用にあたっての不便な点​ っていうことで 

まぁ結構ですねー 不便な点もあるわけですよ!

なにか?っていうと 例えばこれ今

kintone

「MFヘ取引先登録」ってボタンがあるじゃないですか?

でも これ普通にやると出ないんですよ!

で 今これ顧客管理アプリを開いてるんですけど

kintone

「MFとの接続ができていません・・・認証用アプリにて再度認証を行なってください」って

エラーが出るんですね!これなにか?っていうと

これマネーフォワードとkintoneの連携するプラグインを入れてるんですけど

この認証用アプリっていうのが 自動生成されるんですよ!このプラグインを入れると

認証用アプリを踏んでから この顧客マスタだったりとか

請求書アプリっていうところにいかないと ボタンが表示されないんですよ!

kintone

なので 今ボタンが表示されてないと思うんですよ なんにも

で 例えば 小川喜句のレコードを見ても

kintone

表示されてないと思うんですよ

さっき表示されてるのを見せましょうか?

kintone

これ表示されてますよね!?

これは このTab  WindowsのTabってあるじゃないですか?1個1個の

そのTab単位で認証しないと このボタンが出てこない

認証しないと いちいちあのエラーが開くたびに出るっていうのが

イラっ!っとする ポイントかなと思います

慣れれば 僕はもう気にならなくなりましたけど そこの仕様は

早くなんとかしてほしいな っていうところが

連携の不便なところかなと思いますね!

あとは2つ目が これ実際に画面お見せ出来ないんですけど

前回の動画で 請求書単位で入金を消込む って言ったじゃないですか?

これマネーフォワード側の今度は仕様の話なんですけど

その請求書内で消込む時に 面倒くさいっ!

例えば 前回お話しした結構入金漏れしていったと

例えば 毎月5万円ずつ請求してるお客様が4ヶ月滞納したと

そうすると20万円じゃないですか?あっ!ヤバいヤバいっ!

20万円分をガサっと振り込むわけですよ!

そうすると ただ請求書単位で紐付けるのは 1個までしか設定出来ないんですよ!

20万円の入金に対して1枚の5万円に対しての請求の消込みしか出来ないんで

残りの3枚は 消込みが出来ないんですよ!

どうやって消込みをするかっていったら さっきのようにマネーフォワード請求書へいって

ここで残りの3枚を

kintone

入金したやつと入金済っていうのをポチポチって変えてあげないと

kintoneと連携されないんで ここは不便なところですね!

数ヶ月分とか 複数枚の請求書分を合算して入金された時の消込みが

ちょっとめんどいっていうところが2点目の不便なところかなと

1点目は単純に連携プラグイン側の不便なところなんですけど

2点目がマネーフォワード側の不便なところ

この2点はちょっと ご承知おきいただく必要があるかなと思います

あとはまぁ単純に 顧客マスタを連動させてない状態で

請求書と連携すると 当然連携失敗するんでw

そのあたりの運用に関しても 慣れるまで若干時間がかかるんですが

うちはマネーフォワード請求を連携して めちゃくちゃ便利になってますので

是非ですね 試してみてください!

はい!では画面動画は以上となります!

まとめ

いかがでしたか?

マネーフォワードとkintone連携するメリットは大きく3つ

kintone

kintoneで作った請求書がマネーフォワードへ自動連係出来る

②マネーフォワードで消し込んだ入金情報をkintoneへ自動連係できる

③会計ソフトにアクセスさせたくない人でも入金状況をkintoneで共有できる

よく営業は売るまでじゃないと 入金確認するまでが営業の仕事だぁ! と言われますよね!?

でも 営業マンに会計ソフトをアクセスする権限は与えるわけにもいかないですよね?

そういう時に kintoneを見れば入金情報が分かる仕組み

マネーフォワードkintoneを連携することで出来るようになります!

ただデモ画面で紹介した通り 地味に使いづらい部分もありますので このあたりは慣れですね!

僕はもう慣れましたね!最初はイラっとする部分あると思います

でも 慣れてしまうとめちゃくちゃ大きな効率化になるのでオススメですよ!

マネーフォワード連携はIT補助金も使える

マネーフォワード連携はIT補助金も使える​ っていうことで 

ペパコミでは kintone×マネーフォワード連携の実績も豊富です!

更に先日動画でもご説明した 

kintone

IT導入補助金の活用もマネーフォワード連携なら利用出来る可能性があります

可能性です!

今 IT補助金2022が出たんですけど kintone(のみ)が使えるか あやしいんですよね・・・

会計ソフトは 間違いなくいけるっていう感じです!

ただ注意点として 会計ソフトの乗り換えは大きな決断なんですよね!

なので 補助金が欲しいからみたいな感じで 無理矢理導入するのは僕は全くオススメしません​!

はい!ということで 以上となります!

ちなみに kintoneとマネーフォワード連携プラグインは 15,000円/月です

年間契約のみとなります!

これからもkintoneの役立つ情報を発信していきますので

チャンネル登録をお待ちしております!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!

ばいば~い!

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーでCYBOZU AWARD2022受賞企業のペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら

kintoneプラグインリストプレゼント

kintoneプラグイン名・メーカー・概要・価格をスプレッドシートにまとめました。

無料ですので、下記よりお受け取り下さい。

プラグインリストを受け取る
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる