マネーフォワードとkintone連携を強化することにしました

マネーフォワード for kintone

kintone構築会社のペパコミです!

ペパコミ株式会社ではkintoneの構築をメインにしておりますが、会計ソフトの分野ではマネーフォワードを積極的に推していくこととなりました。

マネーフォワードとの連携を強化してお客様に価値ある構築をご提供出来るよう、今後マネーフォワードの知見をどんどん広げていこうと考えています。

 

 

最近会計ソフトとkintoneの連携で相談を頂く機会が増えてきました。

 

クラウド会計ソフトで人気なのが

・freee

・マネーフォワード会計

 

あとは弥生会計ですね。

 

ペパコミではyoutubeでもちょくちょくfreee や マネーフォワードに言及していますが、どちらを推しているかと言えばマネーフォワード会計です。

kintoneを軸で考えた時にマネーフォワードとfreeeどちらがいいのか?という点はまた別記事でご紹介するとして、今日はマネーフォワードとkintoneで連携するとどんなことが出来るかご紹介します。

目次

マネーフォワードとkintoneは連携出来るの?

結論出来ます。

キャップドゥさんが開発されている、マネーフォワードfor kintoneというプラグインを使って、kintoneとマネーフォワード会計をシームレスに連携をします。

ちなみにキャップドゥさんはfreee for kintoneの開発も行っており、その視点でフラットにそれぞれメリデメをお伺いした上で、思想の部分でマネーフォワードのほうがいいと判断して、ペパコミとしてはマネーフォワードを推していこうという結論に至りました。

マネーフォワードと連携して何が出来るの?

マネーフォワード for kintone

マネーフォワードとkintoneを連携すると上記のようなことが出来ます。

①kintone内で作成した見積・請求データをマネーフォワード請求書へ連携して自動作成

②マネーフォワード上で処理をすると自動的に 売掛金/売上 の仕訳が計上される

③入金になると預金連動して自動的にマネーフォワード上で仮自動仕訳が計上される

④マネーフォワード上で入金消込をすると会計上で消込されるのは勿論、kintoneにも反映されて入金消込ステータスがつく

 

つまり見積・請求・入金がお互いに連携して自動化してくれるということですね。

マネーフォワード for kintoneの料金は?

マネーフォワードとkintoneを連携するプラグインには費用が掛かります。

180,000円/年額

つまり月15,000円です。

 

ちなみにfreeeはプラグインには費用が掛かりませんが、kintoneと連携するにはプロフェッショナルコース以上(月40,000円~)が必要になることから、freeeよりも大幅にコストを落として請求書の連携が可能になります。

ペパコミは会計周辺の支援も始めます

まだ準備中ですが、ペパコミでは自計化(自分で会計ソフトへ記帳していく)のコンサルも始めていきます。

今まで会計を税理士に丸投げしていませんか?

自計化することで、税理士の顧問料を大幅に抑えることが出来るだけでなく、自社の経営状況が正確に把握出来るようになったり、キャッシュフローの動きなどにも敏感になり、経営リスクを抑えることが出来ます。

 

マネーフォワードを使えば自計化は難しくありません。

そのためのコンサルティングをkintone同様行っていきます。

 

更に自計化がどうしても無理ということであれば、経理代行も請け負っていきます。

経理のために雇用したくない経営者は是非、kintone×マネーフォワード×経理代行 をペパコミにお任せ下さい。

今後マネーフォワードについての発信も増やしていこうと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる