休日でも仕事ができてしまうからこそ、できること【日記】

kintone使えない

kintone構築 ペパコミ株式会社の竹谷です。

 

GWが終わってからこの記事を書いています。

一般的にはGWはお休みの会社さんが多いですよね。

 

kintoneの仕事をしていると、いつでもどこでも仕事ができてしまうため、

GWは逆に集中して仕事するのに適してしまいます。

 

良いのか、悪いのか・・・。

一般的に会社が休みのときにkintoneを触るメリットを書いてみたいと思います。

 

目次

業務フローがとまるときこそ改修

「kintoneが使えない」と思っている方は結構いらっしゃいます。

「使えない」というよりも「使えていない」ということなのですが、

なぜ、使えないのでしょうか?

 

多くの理由としては「日常業務の中にうまくハマっていない」ことが考えられます。

 

今、使用しているアプリは誰が作ったものですか?

A.実際に業務で使用する人が作った

B.社内のkintone担当者が外部に依頼して作った

C.実際に使用する人とは違う部署のシステム担当者が作った

 

大きくわけてこの3つくらいにわかれるのですが、

当然Aの実際に業務で使用する人が作った場合は、

一番業務にハマっているはずです。

 

でも、現実はほとんどがBorCです。

 

そうすると、どうしても実際の業務とのズレが生じてしまい。

使う側からすると「使いづらい」という印象になりがちです。

 

そのため、kintoneは少しずつ改修を重ねながら業務にハマるようにする必要がありますが。

日業の業務が流れているときは、なかなか改修することが難しいです。

 

だからこそ、業務が止まる「一般的な休み」に思い切って改修するのも良いです。

それにkintoneは家でも作業ができてしまうのです。

 

実際に業務で使用する人と、kintoneを改修できる人が一緒に打合せをして

あーでもない、こーでもないと言いながら使っているアプリを見てみると

作る側と、使用する側の意思疎通もでき、間違いなくkintoneは良くなります。

 

良いアプリになり、kintoneが使いやすくなると効率が良くなるので、

そこで使用した休日の時間は何倍にもなって返ってくるはずです。

 

作ってみたいと思ったアプリを作成

日常業務があるとなかなかできないことのひとつに

「新しいアプリを作成する」ことがあります。

 

せっかく作るのなら、前後の業務フローが簡素化されたり、

又は過去のデータを入れてすぐに使えるものにするなど、

ただフィールドを並べれば良いというものではないですよね。

 

私自身、アプリを作成するときはまずは考える時間を必要としています。

ご要望いただいた内容を見て、現在使用しているファイルなどを見て、

そして頭の中で業務フローのイメージを思い描けたら、手を動かして作業に入ります。

 

私は構築が仕事なので、この考える時間も当然業務時間に行いますが、

社内でkintoneを構築担当している人は、他にたくさんの業務を抱えていることが多いと思います。

 

日常業務の中で、この「考える時間」を取ることはなかなか難しいです。

 

そのため、「一般的な休み」のときにこそ、家やくつろげるカフェなどで

新しいアプリを考える時間を持つことをオススメします。

 

実際にイメージができて、作業に入ったとしても、

作ってみると「ちょっと違う」とか、「もっとこうしたい」とか出てきます。

業務のすき間で作業をしていると、

そんなときに一気に作り上げる時間を取るのが難しいと思います。

 

休日出勤で仕事をすると、最後まで仕上げることができるので、

他の業務を行う必要がない時間にアプリを作ることは結果的には効率が良いです。

 

データ移行は休業中に限る

新しいアプリを作ったり、改修したときにデータを取り込んだり、

アプリ引っ越しでデータ移行を行う必要が出てくることがあります。

 

そのような作業は業務が止まっているときでないと難しいです。

 

Excelやcsv取込みを経験したことがある人はわかると思いますが、

意外と時間がかかります。

 

顧客リストのように、ただのリストを入れるだけならそれほどでもありませんが、

ステータス管理を行っているアプリや

他のアプリからデータを一つにまとめるアプリなどの場合、

チェックする項目も少なくありません。

 

データ移行などは、もし間違ってしまうとすべての業務に支障をきたします。

作業を行うときには細心の注意を払いつつ、

取込み後の確認もきちんと行うことが望ましいです。

 

そのため、時間がないときに作業をすることはリスクを大きくするだけになります。

 

落ち着いて取り組めて、他の業務に支障が出ないためには

休日に行うのが一番良いと思ってしまいます。

 

まとめ

誤解しないでいただきたいのですが、

私は決して「休日に働け」と言っているわけではないです(笑)

 

ただ、働く側も経営側も改めて認識して欲しいのが、

今の時代は「時間と場所が決まっている働き方」が当たり前ではないということです。

 

行う業務によっては他の人が休みでも、その時間を利用した業務があり、

会社に行かなくてもできることがあるというとです。

 

今の時代、柔軟な働き方、対応力が求められています。

kintoneはそんな中でとても便利に利用できるシステムなので、

ぜひ「kintoneが使えない」と思うことのないように、使いこなしてもらいたいと思っています。

 

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
ペパコミ株式会社 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる