kintoneを教える立場になる人の道その1~まず最初にやるべきこと~【日記】

kintone教育

kintone構築のペパコミ株式会社 竹谷です!

 

kintoneをこれから触るという人に,

教える立場になることを目的として

教えることになりました。

 

どのように教えていくのかを書いていきます。

目次

ポータル画面の説明

 

お知らせ、スペース、アプリ

用語と役割をひととおり伝えますが、

私が必ずクリックしてもらうのは「ヘルプ」です。

 

わからないことがあったとき、

わかる人が近くにいて、声をかけられる距離なら良いのですが、

テレワーク化が進んでいる今、

わからないと思ったときにメールやzoomで聞くよりも

まずは自分で解決できるのが一番早いです。

 

そしてヘルプページには

使い方をとてもわかりやすく説明されてあります。

 

加えて「わからないときの調べ方」を伝えます。

 

グーグルの検索で「○○といれてみて」といって検索すると

実際に細かく親切に書いてあるページがたくさん出てきます。

 

これで、ここから教えたことを忘れたとしても大丈夫(#^^#)

スペースの中にアプリを作る

 

アプリを作成するときに大事なことは「スペースの中に作る」ことです。

 

つい、ポータルから作りたくなるのですが

kintoneアプリはパソコンのファイルと違って

最初に外で作ってしまったら、スペースに入れることも

スペース同士で移動することもできません。

 

私が時々行う「とっちらかったアプリ」を整理するときも

すべてコピーをしてアプリを作成し、

データを書出し→読込みで入れ直します。

 

アプリの引っ越しですね。

 

引っ越しはできるのですが、時間がかかります。

外注したらお金がかかります。

 

できるだけアプリはスペースの中にいれましょう!

 

スペースの中に作るということは

スペースの説明も必要になるのですが、

ここを詳しく説明するとアプリ作成まで到達しないので、

とりあえずスペースに関しての説明は後回しにします。

 

最初のアプリ

 

Excel・csvから読み込む、

テンプレートで読み込む、

他のアプリを再利用、などありますが、

最初は「おすすめアプリ」から「顧客管理・案件管理」を

入れてもらいます。

 

理由はフィールドの種類を理解してもらうためです。

 

「はじめから作成」でひとつずつフィールドを説明しても

イメージがわかないので、まずはどんな企業でも使用する

「顧客管理」「案件管理」をみてもらって、フィールドの説明をし、

ここで宿題を出します。

 

◎知っている会社をイメージしてアプリを作り変えてください

 

顧客管理に必要なフィールドを足したり、

ルックアップを使用してみたり、

ドロップダウンの項目を変えてもらったりします。

 

アプリを作成するときに大事なことは

「業務をイメージする」ことです。

 

言われた項目を並べるだけではなく、

知っている知識を活かして使いやすいアプリを作るためには

使う人の気持ちをイメージすることが大切なので、

最初からクセをつけるためにこの段階で伝えます。

 

 

ここまでで、ざっと2時間くらいでした。

また、次のステップを行ったときに続きを書いていきたいと思います。

 

【今日のポイント】

①わからないときはヘルプで調べる

②アプリはスペースの中に作る

③使う人の業務をイメージしてアプリを作成する

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
ペパコミ株式会社 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる