ペパコミのkintone無料相談時ってどんな話しているのか【日記】

kintone導入の流れ

kintone構築のペパコミ株式会社 竹谷です!

 

最近はwebからの問合せをよくいただきます。

zoomで初対面ということがすっかり普通になりました。

 

私は商談ではほとんど何もしゃべりません。

ただ聞いているだけですが、商談の流れを書きます。

 

目次

前置き

 

今日はどのような流れでお話を聞いていくかを伝えます。

①お客様の業務内容

②課題と思っていること

③kintoneでできること、拡張してできること

④導入するときのスケジュールと費用感

⑤全体を通しての質問

 

という流れです。

 

 

①お客様の業務内容

 

課題を理解するためには、まずお客様の仕事を理解する必要があります。

「○○を作って売っています」

というようなざっくりとした業務内容ではなく、

1.電話で問合せがくる

2.営業が詳細を確認する

3.宅配で納品

4.請求書を発行→入金確認

など、案件の発生から完了まで、

または管理の仕方など、

業務の流れをひとつひとつ聞いていきます。

 

 

②課題と思っていること

 

全体の流れが把握できたところで、

あらためて何に課題を感じているのか、

何をどのようにしたいのかを聞いていきます。

このときに、kintoneでできるかできないなども

少しずつ共有しながらお話します。

 

ここで、お客様自身も最初に思っていたこと以外にも

話しているうちに気づくこともあり

漠然とした課題から、具体的な対処方法などを

イメージされる方も多いです。

 

 

③kintone標準機能できること、拡張してできること

 

課題を伺いながら、kintoneでできることなどの

説明もしてきたのですが、

全体にまとめて、できるとしたときの流れや、

できないことに対して、プラグインや開発など

できるようにするための手段のご案内もします、

 

ただ、ペパコミではkintone導入時から

一気に課題解決をするというよりも、

まずはkintone導入をスムーズに行うことを重視しています。

 

使用する人が一部の場合は良いとしても、

あまりシステムをつかったことがない社員さんが

慣れていかないと、その先の効率化へ進まなくなるので、

課題解決の道筋はお伝えしつつも、

導入時の業務はどこから始めるか

お客様と一緒に相談しながら決めるスタンスです。

 

 

④導入するときのスケジュールと費用感

 

この業務から始めるのが良いですね、

とイメージができてきたところで、

実現するための費用感をお伝えします。

 

kintone標準機能だけでよいのか、

最低限必要なプラグインがある場合はその価格、

そして、導入から自社で運用できるようになるための流れ

などをご案内します。

 

最初は導入しないと決めたことでも、

今後、もし実現していくためには

どのくらいの費用感をイメージしておけばよいのか

ご案内しています。

 

 

⑤全体を通しての質問

 

最後に、せっかくご相談いただいたので、

「聞いておけばよかった」がないように

全体を通しての質問がないかを確認します。

 

意外と、話の流れで聞きそびれたことなどを

思い出される方も多いです。

 

ここまでが一連の流れで、

zoomが終わったあと、見積書をメールでお送りして

社内でご検討いただくことにしています。

 

お互いに納得して一緒に進めていけるのが

一番良いと思っています。

 

・・・と

ここまで、書いてはいますが私は何もしません(笑)

 

ご契約いただいて、構築になったときに

資料だけだとお客様のイメージとの相違がでてしまうことがあるので、

お客様の言葉を聞いて、理解するようにしています。

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
ペパコミ株式会社 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる