ペパコミが行っているkintone初期構築の仕上げ作業【日記】

kintone初期構築作業

サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナー

kintone構築のペパコミ株式会社竹谷です!

 

初期構築の仕上げ作業をしていました。

必要なアプリを作成したあとに、業務フローをイメージしながら調整する作業です。

今回弊社ペパコミ株式会社がお客様のkintone構築する上で意識している点をつらつら書いていこうかなと思います!

目次

初期構築の手順

 

ヒアリングで必要な情報をだいたい聞いてある前提です。

まずはざっくりと、必要なアプリを作成します。

 

人によって構築の手順は違うと思いますが、

私は最初にざっくりとしたアプリを作ります。

 

例えば軸となるアプリが「案件管理アプリ」だったら

①案件管理アプリ

②顧客マスタ

③案件管理に紐づける詳細のアプリ

くらいをざっくり作ります。

 

この「ざっくり」

「この項目は必要だなー」

と思いつくものは全部配置します。

 

業務フローを再確認します

 

この作業は、ヒアリングの資料を見ながら

再度、この会社さんがどのようにを案件入力する

などをイメージしながら行います。

 

既存顧客からの案件が多い会社さん

運用開始前に顧客マスタに登録作業行うのが

よいと思っていますが、

その際に何か区別するフィールドは必要かな?とか、

 

案件への問合せが先で、

顧客マスタに登録されない場合は、

どのタイミングで顧客登録するのが良いか?をイメージしながら

ルックアップ、アクション、関連レコードの設定を行います。

 

この段階で、次のヒアリングの際にお客様に聞きたいこと、

確認したいことを、思いついたときに

弊社がいつも使用している打合せアプリに入力しておきます。

 

仕上げ作業

 

仕上げといっても、初期構築が終わるのではなく

構築に入ってから第一回目の打合せまでの仕上げです。

 

一回目の打合せで、再度ヒアリングしてから

仮運用に入るという流れですが、

仮運用するために不足していること

改修したいところをイメージしやすいように

一覧画面の設定や、ポータルのアイコン作成なども行います。

 

ちなみに今日作業したのはこの部分です。

 

一覧画面の設定は、あくまでも提案ベースなので、

だいたいは打合せで変更があるのですが、

それでも「こんな風に見えるんだ」

「こんなこともできるんだ」というイメージは

見てもらった方が早いので、そのために作成します。

 

kintoneは構築する人の視点よりも、

使う人の視点がとても大事なので、

少しくらい「無駄」と思う作業があっても

あとでしっかりと使ってもらえるものにするためには

必要なのではないかと思っています。

 

まとめ

 

「日記」として書いているので、

今日行った地味な作業なんぞを記事にしてすみません(笑)

 

社内でkintoneの構築担当となった方などに

少しでもお役に立てるといいなと願っております(#^^#)

kintone構築・運用でお困りならお気軽にご相談を

サイボウズオフィシャルパートナーのペパコミ株式会社が

課題掘り下げから具体的なご提案・デモまで行い、お客様のモヤモヤを解消致します。

ヒアリング能力・価格の明朗性が評価され、無料相談の満足度は非常に高いため、お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ペパコミ,kintone活用ちゃんねるの中の人です
kintoneの活用事例やkintoneを現場で使えるようにするための情報を日々発信しております!
動画にしてほしいネタがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい!
kintone導入相談無料で承ります!その場で適切なご提案致します。
いつもご訪問頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します!
ペパコミ株式会社 代表取締役 小川 喜句

コメント

コメントする

目次
閉じる