ペパコミを運営しているkintoneコンサル会社のvividです!

 

今日のkintone活用事例は

kintoneと会計ソフトM&F(マネーフォワード)を連携してみた!

 

kintoneで案件管理等管理するようになると”請求書もkintoneで作れないのかな”という要望が出てきます。

今回はバックオフィス業務の肝でもある、マネーフォワード請求書との連携活用事例です!

本記事は上記youtube動画の文字起こしとなります。

youtubeでは「kintone活用ちゃんねる」で発信していますので、是非チャンネル登録お待ちしております!

では内容いきましょう!

問題定義

ぽんず(やる気0!)

ねえねえ kintoneってマネーフォワードと連携してないん?

ふう(斜め)

してるで!どないしたん?

ぽんず(やる気0!)

kintoneで案件管理してるやん?そのままの流れで見積書・請求書まで作ってるんやけど、そのあとの会計仕訳は手打ちしてんねん

ふう(斜め)

ほうほう、それは大変やな!

ぽんず(やる気0!)

せやろ?だからkintoneで作った請求書がそのままマネーフォワードの請求書と連動してくれればいいな~と思ってな・・・

ふう(斜め)

(ピコーン)それできるで!マネーフォワード連携プラグインを使えばええんやで!

ぽんず(やる気0!)

ほんま?それ早速頼むで!

ふう(斜め)

(ピコーン)まかせとき~!いくで~

この子らがいったようにkintoneで作った請求書をそのままマネーフォワードの請求書へ連携することができます!

早速画面でみていきましょう!

kintoneとマネーフォワード請求書連携の概要

マネーフォワードとkintoneを連携

1.既存データの取り込み方法
2.kintone上で請求書を作成
3.マネーフォワード上で請求書出来ているか確認

マネーフォワードのデータをkintoneへ連携する

まずはマネーフォワード請求書へ登録されている情報をkintoneへ連携する必要があります。

kintoneのプラグインを使えばワンクリックで連携が可能です!

マネーフォワード請求書にある過去データもワンクリックで連携可能!

請求書をkintone上で作成→マネーフォワードへ連動

kintoneで請求書を作成して、”MF請求書連携”ボタンを押すとマネーフォワードと同期出来ます。

これだけで完了です!

それではマネーフォワード上でkintoneで作った請求書が連動されているか確認しましょう!

御覧の通り、マネーフォワード上で連動して請求書が自動作成されています!

請求書→納品書への変換も可能

マネーフォワードとkintoneを連携

これはマネーフォワードの機能ですが、請求書から納品書等にも変換が可能です!

マネーフォワードとfreeeの違い

少し横道に逸れますが・・

会社規模が大きくなるとオラクルなども視野に入ってくるかと思いますが

個人事業主~小規模・中規模の会社はマネーフォワードとFreeeのシェアが大きいです!

 

ちなみにvividは創業当初からマネーフォワードを使っていますがメッチャ使いやすい!

よくマネーフォワードとFreeeどっちがいいんだ?という話が出ますが

聞いた話によると

マネーフォワード:簿記がそこそこできるならオススメ

Freee:簿記を全くやったことない人がオススメ

元々のコンセプトが違うらしいんですよね

マネーフォワードは税理士のために作った

Freeeは一人で会計ができるように事業者向けに作った

とかとか(知り合いに聞いた話をドヤ顔で語る)

 

弊社代表は一応会計知識がそこそこあったのでマネーフォワードは全く苦労しなかったようです!

 

あと感覚的な話ですが、企業風土としては

マネーフォワードはややカッチリしている印象

freeeはオープンな印象

 

freeeってkintoneと近い雰囲気を感じます!一度freeeのオフィスにもお邪魔しましたが、本当に開放感溢れるいいオフィスでしたよ!

 

あと会計ソフトのいいところって請求書発行システムも付いてきて、請求書を発行すると会計側と連動して

売掛金/売上

が自動計上されるところですね。

 

つまり債権管理がで自動でできちゃう!

この機能は本当に助かってます

マネーフォワードのメリット

 

マネーフォワードとkintoneを連携

せっかくなのでマネーフォワードの便利なところを使用者目線で大きく6つ
1.請求書を作成すると自動で売掛金/売上 仕訳が立つため債権管理がラク
2.作った請求書をそのままURLにして取引先へメールできる
3.メールがダメな取引先の場合でも代理郵送サービスがあるのでラク

4.請求書毎月自動作成機能がある
5.クレカ対応した請求書を発行できる
6.見積書 発注書 納品書 領収書への変換が1クリックで可能

 

freeeは使ったことがないので分かりませんが、恐らく似たようなこと出来ると思いますw

決してfreeeよりマネフォがいいぜ!ってわけではなく、マネフォしか使ってないのでその目線で語ってます!

kintoneとマネーフォワードを連携するメリット

なぜかマネーフォワードのステマっぽくなってますがww

kintoneとマネーフォワード請求書を連携するメリットです

マネーフォワードとkintone請求書

 

 

1.顧客管理~案件管理~請求管理までkintoneで完全に一元管理できること
2.1クリックで請求書と連動できる
3.営業が請求書を発行しても会計ソフトと連動できるので管理がラクになる

▼今回使うプラグイン
・ソフトクリエイトのマネーフォワード請求書連携

 

これからもkintoneの役立つ情報を発信していきますのでチャンネル登録お願いします!

本日もありがとうございました!また次回お会いしましょう~!ぐっば~い!